teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. クロカンチャレンジのルールについて提言(9)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月15日(水)19時58分4秒
返信・引用
  朝8時頃暑くて目が覚めた。梅雨の真っ只中に帰って来たのだなぁ・・・。道の駅の東屋で心地よい風に吹かれながら日記を書く。
若者とは言いがたい自転車旅行の男性が声をかけてきた。静岡の人で二週間かけてここまでやって来たらしい。
九月ごろには帰る予定だがまるで予定なしとのこと。涼しい北海道行きを勧める。話を聞いてみると、46歳で派遣切りにあって
心機一転を帰して自転車旅行に出かけたとのこと。
1時間以上あれこれ話をする。元気を出して北の方へ向って行った。コンビにに寄って弁当を買って食べた。
今日は大学時代の同級生松森さんと会う予定。彼女は60歳まで先生をし、還暦以後NPO法人のグループホームを立ち上げた。
どんな施設か見学をさせてもらうのと、良かったら予約を入れるよと以前電話しておいた。
場所がわからないので、迎えに来てくれ案内してもらった。
自分の施設のほかに岩手県の社会福祉協議会の役員や、老人ホーム団体の岩手県代表もしていて毎日超多忙の様子で、
理事長として週3日しか顔を出せないとの事。ホームの食事を勧められたがお断りし1時頃にはお別れを言う。
4号線を南下し、前沢市で前沢牛レストランの看板があったので立ち寄る。
この度の豪華食事として前沢牛ステーキ丼(3150円)をとる。
やっぱり美味しかった。
4時ころ古川ICに乗って山形市を目指す。
通勤割引を狙う。丁度97kmである。山形市の飯田温泉で風呂に入る。
今から蔵王まであがって、山のてっぺんで涼しく寝るぞぉ~!!!。
 
 

たかつか君へ

 投稿者:k原夫  投稿日:2009年 7月14日(火)21時30分21秒
返信・引用
  > No.876[元記事へ]

どんな人なんだろう?
興味津津です。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月14日(火)21時17分56秒
返信・引用
  7月14日
朝6時に出発。コンビニで朝食を買う。地図を見ているとちょっと寄り道をすると、玉川温泉に行ける。今回は隣の新玉川温泉に行く。
途中湿原に日光きすげの黄色が一面に見える。
700mくらい木道がついていると書いてある。靴を履き替え、レインコートの上着を着込む。
日光きすげは昨夜の嵐で花びらが半分くらい飛んでいた。木道を最後まで歩いて行くと、
その向こうは山につながっている。先程の看板には危険なので一人では行かないようにと書いてあったので、引き返す。有毒火山ガスでもあるのかなぁ~。
ガスがかかってきて、尾瀬沼のような雰囲気になってきた。途中70歳くらいの男性が三脚にカメラを構えていた。
挨拶をして少し話をする。3日前に日光きすげとワタスゲが満開で黄色と白のコントラストが素晴しいと聞いて、今朝駆けつけたらしい。
日光きすげは半分は散っており、ワタスゲは雨に打たれて、濡れそぼっている。その男性は先週ニセコに行って、ジャガイモの花を写したらしい。
残念ながら羊蹄山は雲で見えなかったらしい。
富士山から石が落ちてきて人が死んだというニュースを聞かせてくれた。
8時前に新玉川温泉に到着。8時から入湯可。
PH2の強酸性で8400リッター/毎分の湧出量。温度は98℃。西日本にはこんな湯はないので頑張れるだけ、入ってやるぞ。
結局1時間半でダウン。
少し休息して八幡平に向けて走る。天気は良かったので、360度の眺望。気温は17度。岩手山麓を走る樹海ロードに迂回する。
夜7時頃花巻温泉郷に行き、3年前に行った大ホテルの裏口から入る日帰り客専門の温泉に入る(390円)。
道に迷って4号線に出るのに苦労した。今夜は後幸楽苑の中華そばを食べる。創業昭和29年が看板だった。
麺は自家製麺で腰があって美味しかったった。
今夜は水沢道の駅にて車中泊。雨模様。
 

Re: re:北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月14日(火)10時04分21秒
返信・引用
  > No.866[元記事へ]

たかつかさんへのお返事です。

朝8時から新玉川温泉に入っていました。
1時間半入ってましたので(長湯だ!!!)湯あたりしそうです。
HP2の温泉なんて西日本では絶対入れないので満喫しました。
新湯温泉のカウンターの所にパソコンあったので書いています。
お嫁さんを連れてかならず神の倉に来てください。
寝る部屋くらいはありますので。
河原夫妻も会いたがることでしょう。


> 不良おやじさま。
> のんびりゆったりの旅,良いですね。
> 無理をしない"いぶし銀の飛び"感心しました。目に焼き付けておきます。
> もう一度くらい一緒に飛びたいですが,無理を言って引き止めることはできないですね。
> 北海道を満喫くださいな。
> 長湯しないように(^^)/~~
 

(無題)

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月13日(月)21時02分22秒
返信・引用
  7月13日
十勝岳温泉を下って富良野で今日が日曜日だと気づく。明日から天気も良くないので、北海道を出ようと思う。
土日割引を使おうと砂川から道央自動車道に乗る。ギリギリ11時55分には札幌ジャンクションを抜ける。これでオール1000円!
1時頃有珠SAで就寝。
朝6時頃起きてみると、外は風雨が強い。車のドアーが持っていかれそうだ。9時半東日本フェリーで大間に渡る。
下風呂温泉郷でマグロ丼をはりこむ(2500円)。
しかしさほど美味しいとは思わなかった。大間のマグロの漁獲量が少ないので高いだけだと思った。
公衆浴場(300円)に入る。浴室の床や湯船は木造であったが、湯船は強化プラスティックが貼ってありまるで漁船。
お湯は硫黄泉でまずまずだった。今日の予定は八甲田⇒十和田湖⇒奥入瀬渓谷。八甲田山麓に入ると嵐になった。木の葉や枝が宙に舞っている。
ボンゴフレンディは転倒の恐れあり。停車すると揺れるのがよくわかる。他の乗用車はゆっくり走っているので、私もゆっくりと走る。
昨年行きたかった酸ヶ湯温泉に到着。1時間ばかり入る。危ないので山中行はやめて黒石市に下りる。
通勤割引を使って、東北自動車道に乗り、鹿角市道の駅で車中泊。
明日は八幡平の予定。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月12日(日)21時09分7秒
返信・引用
  7月12日
昨夜は23時30分「ライスランド深川」に到着。車中泊。
朝9時に新保さんに電話してみると既にカムイスキーリンクスに来ているとの事。
行ってみると20名近くのフライヤーが参集していた。札幌や標津、釧路、名寄など遠方から飛びに来ている。
この3年の間にメジャーなエリアになったものだ。札幌のご夫婦は長尾さんと電話で話して私の情報も聞いていたようだ。
先週顔を合わせた人も何人か居るので多くの人と話をさせてもらった。
2本ほどぶっ飛び。高塚さんが彼女を連れてきており、今日初タンデムをしたようだ。
彼女はフライヤーではないのだが、パラグライダーを理解しようと本日の初タンデムとなった次第。その心根が嬉しいと高塚さんは言っていた。
3時半に皆さんとお別れする。
通る度に気になっていたカムイコタンに寄ってみる。国鉄のお古い駅舎であった。
竹井さんから電話あり。おやじ連中が寂しがっているので早く帰れとのこと。
十勝岳の吹き上げ温泉に行く。美瑛町で500円払ってカートに乗り、花畑を散策。美瑛町から966号線に入り、吹き上げ温泉に行く途中、
目立たない手打ちそば屋(狐狸庵)が有ったので、大盛りそばを食べる。そば屋のオヤジは3年前に店を開いた山男であった。1時間ばかり話し込む。
吹き上げ温泉に6時半頃着き、そば屋のおやじに聞いたとおり、無料の露天風呂が2つあった。
上のほうは熱いと聞いていたので、そちらに行くと、地元のおじさん3人ほど入っていた。何度くらいですかと聞くと49℃との事。
温度計を持ってきていたので間違いない。
10秒から15秒もはいると、我慢できない。なぜか足先が火傷するほど熱い。さくらんぼを洗面器一杯持っていて、食べろ食べろと勧めてくれる。
どこから来たの?と聞いてくれるので、何やかや説明した。地元のおばさんも一人入ってきた。
結局7回湯船には浸かった。今夜10時頃もう一度風呂に入りに来れば、星がすごくきれいだと教えてくれた。
日記も書かないといけないし、十勝岳温泉の凌雲閣まであがり、291号線を下がってきて、現在上富良野町。
今夜はどこで寝ようかなぁ・・・・。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月11日(土)23時05分39秒
返信・引用
  7月11日
疲労困憊のため明るくなっても九時ごろまで寝ていた。コンビにに行ってむすびとドリンク剤を買う。
歩けるようにはなったが太ももが痛くてしゃがめない。今日は一日中温泉に入ってやろうと決心。
10時半頃先日入った最北端の温泉、稚内「童夢温泉」に行く。
この温泉は立派な施設でスーパー銭湯のような風呂の種類があり、休息室、仮眠室、カラオケ室、ゲーム室と食堂がある。滞在出来る様にしてある。
頑張って1時間風呂に入り、1時間休憩を3回繰り返し、3時半まで頑張ったが、1日中とはいかなかった。
宗谷岬を廻り、クッチャロ湖の近くのベニヤ原生花園に寄ってみる。5時過ぎていたので誰も居ない。
外気温は14℃で風が吹いているので寒い。6月、7月の花々の案内があったが、ちょろちょろと生えている程度。
尾瀬沼のような一面真黄色とか、真っ白とか想像していたのであるが、がっかり。
275号線に入り内陸の中頓別を通り音威子府で40号線に出る。
後は先日通った道を南下している。今は名寄。今夜はどこで寝ようか・・・・。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月10日(金)21時10分31秒
返信・引用
  7月10日
朝4時利尻山への登山開始。同じ宿の斉藤さん(70前の女性)と同道する事になった。
彼女は100名山を目指しており、あと11山残っているそうだ。最近はずっと単独山行。
なかなかパワフルな女性で私を脅したりすかしたりで、何とか頂上に連れていってくれた。
だいたい利尻山(1721m)は往復10時間のコースで、とても登るとは思ってないで、
長官山(1258m)で引き返そうと思っていたのであるが・・・。
本日は曇りで、6合目以上は雲中となり、景色どころか、強風で帽子に雲が当たって水滴がぼたぼた落ちる。
昨日求めたレインコート(3280円)も何とか頑張ってくれている。
9時半に頂上に立つ。(4時間30分で登頂。)驚異的なスピードだった。
頂上の気温は5℃で早々に下山開始。7合目辺りまで降りてくると、右ひざを痛めてしまった。
火山礫や粘土質の登山道は濡れて滑りやすく、足に力を入れて降りたので、完璧にひざを痛めてしまった。
下山にも4時間半かかり、3時間は足を引きずりながらそろそろ歩いた。
利尻温泉に1時間半浸かっていたが、改善の予兆なし。
17時半のフェリーで稚内に帰る。ドラッグストアーに直行。1500円のドリンク剤を求む。
持参していたバッファリンも飲む。湿布剤も貼りまくる。
貼った所が熱くて寝れそうにないわ。
今夜も車中泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 9日(木)20時47分19秒
返信・引用
  7月9日
朝3時半起床。さすが稚内は既に明るい。隣に広島ナンバーの車があったのでちょこっと話をする。五日市のご夫婦だった。
6時10分出港。8時10分利尻島オシドマリ港に入港。
フェリーターミナルの案内所で宿を決める。船内で一緒だったNさんと相部屋となる。Nさんは健脚のようで、迎えに来た宿屋の車で登山口に直行。
私は投宿手続きをして、レンタルバイクを借りに行く。バイイク屋のお兄ちゃんにいろいろサジェッションを受ける。
ジャンパーが無いと寒いので自分のを貸してくれると言う。明日は利尻富士に登ってみたいので、レインコートを買う事にした。
大きな店だが安いという所を紹介してくれた。今日は一日かけて利尻島を一周する。
沓形地区の保養センター温泉に入る。有馬温泉の「金の湯」と同じで、源泉は透明だが空気に触れると黄褐色に変化する。
炭酸泉で6種類の鉱物が入っているそうだ。
潮騒と磯の香りの中、1時間露天風呂に入っていた。
謡の久保田さんから来週のビアガーデンの予定を言われたが、とても無理と返答。
島内の走れる所は殆ど走ってみた。4時過ぎにバイク返却に行くも、お兄ちゃん見当たらず。
隣の土産物屋のおばさんに言うと、キーを付けたまま道路においておけばいいとの事。なんとおおらかな島の生活。
明日は4時出発で登山の予定。途中で引き返すかも・・・・。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 8日(水)21時11分19秒
返信・引用
  7月8日
昨夜は名寄の道の駅で車中泊。朝6時起床。昨夜から雨が降っていた。今日一日雨予報なので、あまり見て廻ることも出来ない。
国道40号線をひたすら北上。途中サロベツ原野の農免道路を走る。10kmくらい先まで牧草地が延々続いている。
お天気だときれいだろうが・・・。兜沼のオートキャンプ場に立ち寄り、さらに北上。11時には稚内に到着。
ノシャップ岬の南極観測隊の資料館を見学。カラフト犬タロ・ジロの生命力に感動した
50年前の感激を思い出す(当時中学生だったなぁ・・・。)
近くの稚内温泉「童夢」にゆっくり浸かり、休憩室で日記を書いたり仮眠したりで夕方まで過ごす。
稚内港近くの駐車場にて車中泊。
明日は利尻に行くぞ!!!
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 7日(火)20時54分4秒
返信・引用
  7月7日
今日も天気予報は晴れで、カムイスキーリンクスはサーマルが発生しそうなので、今日も飛びに行く事にした。
ビジターで朝霧で飛んでいるとんぼクラブのIさんが来ていた。リタイヤしたので全国エリヤ100箇所めぐりを目指しているそうだ。
10時過ぎに上がったがぶっ飛び1本。午後から2本飛んだがちょこっと粘ってレベル程。
今日は4時半に新保さん、渡部さん、地元フライヤーにお礼を言って分かれる。
当麻で温泉と食事をする。あまりにも旭川付近は暑い(31℃)ので、当麻道の駅はパスして、40号線を北上。
どこかみちの駅で寝る予定。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 6日(月)21時12分54秒
返信・引用
  7月6日
6時には目が覚めゴソゴソしていると、新保さんも二階から降りてきた。年寄りは朝が早い。
テレビと電話で天気予報を確認。風は午後から西風(正面)で波高は1・5mの予報。
先日より風は強めだろうということで、小平海岸に行く事にした。
新保さんはテイクオフ場の草刈もしたいようだ。
渡部さんは医者へ行って数日前のダニの手術後の抜糸。
私が新保さんのランドクルーザーを運転して一路小平海岸へ。
赤井さんはグライダーの体験飛行(15分で¥7000)を11時に申し込んでいて、後から小平に合流する。
11時過ぎに小平海岸に到着し、波は結構大きく見えたが、実際の風は正面で3m/Sec前後でとても飛べる状態ではなかった。
交代しながら草刈作業。13時半頃モーターパラのイントラ佐藤さんが到着。講習生達は後から少し送れて来る。4mくらいになったので
佐藤さんがグライダーを拡げ始めた。私もグライダーを担いでくる。何とかキャノピーが立ち上がって、ぎりぎりステイ出来る程度。
以前イーデルのデモテープの中に海岸リッジエリアのテイクオフエッジに腰掛てキャノピーをステイさせ少しブレークコードを引いて
テイクオフするシーンを見たことがある。
一度はトライしたかったのでチャレンジ。キャノピー立ち上げ、座るとこまでは出来たが、ブレークコードを引いてもキャノピーは
後ろへ下がるだけで体は持ち上がってくれず、キャノピーは落した。赤井さん到着して、再会のご挨拶。
テイクオフを撮ってもらおうと、カメラを渡す。佐藤さんテイクオフして見えなくなった。
私もテイクオフしてリッジでねばってすぐにトップランと思ったが、トップアウト出来ず1km先の上り口の空き地におろす。
新保さんが迎えに来てくれた。その後モーターパラの飛びを見学して、4時半頃岐路につく。
小平温泉に入って、6時頃帰宅し、新保邸で夕食。今夜も新保邸泊。もう明日はお暇をしないと、住民票を移さないといけなくなる。
渡部さんと明日再会の約束をして就寝。
 

re:北海道放浪一人旅

 投稿者:たかつか  投稿日:2009年 7月 6日(月)00時59分1秒
返信・引用
  不良おやじさま。
のんびりゆったりの旅,良いですね。
無理をしない"いぶし銀の飛び"感心しました。目に焼き付けておきます。
もう一度くらい一緒に飛びたいですが,無理を言って引き止めることはできないですね。
北海道を満喫くださいな。
長湯しないように(^^)/~~
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 5日(日)21時06分53秒
返信・引用
  7月5日(日)
昨夜よさこいソーランのダンスを40名ばかりの若い衆が披露してくれた。
今朝は4時頃目が覚め千条岩を散歩する。新保さん、渡部さんも5時には起き出した。
風は北西なので飛べる風ではない。カニ祭りのイベントもさほど面白そうなものはない。
会場で美味しかったカニ弁当をもう一度買い求める。一応177で気象情報を確認する風向き向きは変わらず。
6時にはカムイスキーリンクに向けてUターン。
往復500kmの行程だった。
10時にはカムイスキー場に到着。既にフライヤー達は集まっていた。朝1本目はぶっ飛び。
昼からはサーマルも出て+100mくらいトップアウト。
30分位飛んで日差しがなくなりリフトも感じないのでテイクオフにトップラン。
3時過ぎにもう一度テイクオフ。
30分位飛んだ頃7kmくらい先の大きな入道雲がピカピカゴロゴロしだした。
皆さんお急ぎでランディング。高塚君と3年ぶりに会い少し話をする。
夕方妹背牛温泉ペペルに入浴し、今夜も新保邸でご馳走になる。
新保邸泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 4日(土)21時15分27秒
返信・引用
  7月4日
今日は新保さんの提案で枝幸町のいカニ祭りに行こうということになった。新保邸から230kmのオホーツク海にある町だ。
朝4時半から起き出し旭川の渡部さんをピックアップして、一路枝幸町へ。
到着してみると、全国ナンバーのキャンピングカーが集まって場所取りをしていた。我々もロープを張り場所取りをする。
キャノピーの生地で作った新保さん手作りのテントを組み立てる。車のスペースも確保。隣のご夫婦に声をかけ、三笠山展望台に登る。
テイクオフ場といっても何も無く、前面は60度の傾斜の笹原。上面は後ろに傾斜している。強風の時は60度の傾斜に立って
キャノピーは伏せてセッティング。Aラインをちょっと引いて斜面を飛び上がってくるテイクオフだそうだ。今日は風が3m/Secしか吹いてなく
新保さんが何度もトライするも、その方法ではキャノピーが立ち上がってこない。
とりあえず一休みの為カニ祭りの会場に行き、カニ汁(300円)をすする。大きな足も二肩入っていたが、肉はあまり詰まっていなかった。汁は絶品。
山にかかっていたガスも晴れてきて日差しも出てきた。もう一度展望台に上がる。
新保さんがもう一度チャレンジするも、上手く上がらず斜面を滑って行った(スタチン)。
先程から笹薮の中にいるダニの事で説明を受けていたので、ちょっと怖くて回収はおっかなびっくり。
そのダニはキャノピーに付いていたのを見せてもらった。体長2mmくらいで下着の中に入っていき、一番柔らかいところに喰らいつき血をすする。
腹一杯地血をすすると大豆位の大きさになるそうだ。びっくりして取ると腹だけ取れて牙は皮膚に刺さっていて、医者に行かないと取れないそうだ。
新保さん疲れてしまって私とテイクオフを交代。二人に出来るだけ高く持ってもらってクロスで斜面を二歩下ってテイクオフする。
飛びはぶっ飛び。回収に来てもらって次は渡部さん同じ方法でテイクオフ。
日帰り温泉(500円)に入って会場に戻る。700円のカニ飯弁当は美味しかった。
催しもの会場でよさこいソーランを50人位の若者が迫力あるダンスをやっていた。
今夜は枝幸にてテント泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 3日(金)20時59分28秒
返信・引用
  7月3日
ライスランド深川でコンビニむすびを食べていると、新保さんが車の窓をたたいた。ここに泊まっている事は昨夜伝えてあったので、カムイスキーリンクに行く途中寄ってくれたようだ。カムイスキーリンクに行き、暫くすると渡部さんも集合。モーターパラの佐藤さんとその練習生も集合してきた。
雲底はテイクオフ上を隠しており、海岸エリアの小平に行く事にした。新保さんの家に私の車を置き、二人で向う。
12時過ぎ小平エリアに到着。風は正面4・5m、充分飛べるのですぐに二人共テイクオフ。
+50m位しか上がらないが、穏やかにいつまでも飛んでおれる。トップランしまくりで、合計2時間以上飛んだ。
いまいち風が弱いので左右には距離は伸ばせなかった。合計5、6台車が止まって我我の飛びを見学していた。
4時半にキャノピーしまう。小平の温泉に入って新保邸にお世話になることになり、今夜はジンギスカン鍋。
今夜は新保邸泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ妻  投稿日:2009年 7月 3日(金)08時43分13秒
返信・引用
  7月2日
朝起きて地図を開く。週末は旭川で飛ぶ予定なのでどのコースで北上しようか?夕張はまだ通った事が無いのでそちら方面に走る。
夕張市内に入ると「幸福の黄色いハンカチ」の看板が見えた。昔観た健さんと倍賞千恵子のなつかしいロケ地のようである。
右にハンドルをきって行ってみる。管理人小屋があり、入場料500円。夕張のミュージアム(石炭村・化石館・生活館・北の零年・実術館)を
全部巡れば2200円である。深夜料金は1900円であった。(最近深夜料金をすぐチェックするようになったなぁ・・・・)。
夕張に少しはお金を落とそうかなぁと思う。1900円のチケットを求める。映画で観た感動シーンそのままに黄色いハンカチがはためいていた。
管理人と少し話をする。田中義剛の花畑牧場の生キャラメル工房が出来たらしい。
少しでもお客さんが増える事を期待しているようだ。ミュージアムの共通点は手首に紙テープを巻きつける。これを見せればフリーパス。
一応ミュージアムは全部廻ったが、石炭村は圧巻であった。炭鉱百年の歴史が紹介してあり、擬似坑道が作ってあり、掘削方法もいろんな機械を
設置してあり、臨場感あふれていた。切り刃の所は実際の石炭層であった。坑道を抜け外に出てみると、石炭層が露出していた。
これを見つけて炭鉱の開発をしていったらしい。ゆっくりと夕張炭鉱の歴史をみた。
あとは一路深川を目指す。道の駅「ライスセンター深川」にて車中泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ妻  投稿日:2009年 7月 1日(水)20時32分25秒
返信・引用
  居心地がいいので3晩も長逗留してしまった。帰りも是非寄って下さいとうれしい言葉を
頂く。嫁さんから苫小牧名物、「よいとまけ」を買ってきてとメールが入っていた。
国道36号線沿いの三星㈱に寄って買い求める。日記もたまっていたので四時頃には鵡川町「四季の館」の温泉にゆっくり浸かり、たまった日記を書く。今日はここで車中泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 7月 1日(水)07時47分36秒
返信・引用
  6月30日
温泉から出てすぐふらっととなって倒れそうになった。
それが三日も連続したので、ひょっとして貧血なのか心配になった。
それが6年前にやった大腸ポリープからの出血のせいで貧血だと大変だ。
新日鉄室蘭病院で血液検査してもらってみようと、
9時過ぎに長尾さんに案内してもらった。
1時ごろようやく私の番になり、私の心配を医者に訴える。
まぶたを「あっかんべー」してみて「大丈夫と思いますが血液検査してみましょう」
と採血室に周る。遅かったのですづに採血となった。
1時間ばかり待って、医者から説明受ける。
検査結果を見ながら、「貧血の心配はありません」とのこと。
「お風呂の入り方に注意しましょう」ということでチャンチャン・・・・

長尾邸に帰るとご夫妻がいろいろ心配をしていただいていた。
旅先で友人がいたということは本当にありがたかった。
長尾さんの使っていなかったノートパソコンをインターネットにつなげる様にする。
今夜も虎杖浜の「ぬくもりの湯」にいく。
火曜日はシルバーデイで600円のところが400円であった。
二人とも身分証明の提示を求められなかった。(少しがっかり・・)
長風呂なので少しぼうっとする。
明日からがんばって旅を続けるぞ!!
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 6月30日(火)07時17分52秒
返信・引用 編集済
  6月29日
9時頃イタンキ浜に行ってみるも左サイド6mくらいの風。
とても飛べそうにない。赤井さんは小樽に出発。
長尾邸に戻って夕方までパソコンをつつく。
夕方は霧雨になった。
夕食を頂いて虎杖浜のホテル「いずみ」の温泉に行く。
夜は広島の河原さんを巻き込んでパソコン教室。
明日は天気が悪そう・・・
 

ゆっくりと楽しんで!

 投稿者:不良おやじ妻  投稿日:2009年 6月29日(月)21時37分27秒
返信・引用
  無事に北海道に着いた由、何よりです。こちらは一人生活を謳歌しています。夜は静けさをつんざく池の蛙の大合唱に頭を悩ましている他はすこぶる快適。
そちらもゆっくり!!と梅雨の無い北海道を満喫してください。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 6月28日(日)23時42分43秒
返信・引用
  朝5時半起床。
途中コンビニで朝食を買って、イタンキ浜で9時食事。
長尾さんに電話を入れ10時頃落ち合った。
とりあえず一本飛んだが、3m位の風なのでぶっ飛びであった。
赤井さんが3時過ぎに到着。
もう一本飛んだが3mくらいの風ではレベルキープもままならず
二人ともぶっ飛んでしまった。
夜は奥さんの手料理で舌鼓。
アヨロ温泉に行って、夜はパソコン教室。
明日もとりあえずお天気なので何とか良い飛びをしたいものだが・・・
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 6月27日(土)22時27分35秒
返信・引用
  6月27日(土)
昨夜は頑張って磐越道の磐梯山SAまで走る。夜の11時になっていた。バタンキューで寝たのだけれど、三時にはトイレで目が覚めた。さすが高原地帯で寒い。寝付かれなかったので
三時半に出発。既に上空はうっすらと夜が明け薄ブルーになっていた。
山の端から覗いた茜色の朝日が美しい。四時過ぎには少し光り出してまぶしくなってきた。
一路北上。6時に平泉前沢SAにて朝食。遂にAM9時30分青森中央ICに到着。
記念すべき土日特別割引は2100円と表示された。23時間30分で青森に着いた事になる。
青函フェリーの乗船手続きをして、時間が有ったので船の展示館を見学。北前船(千石船)
の実物は圧巻だった。テレビドラマの篤姫でも使ったらしい。フェリーでは爆睡。
風呂に入りたかったので毎年行っている湯の川温泉の「寿の湯」で極熱の湯に入る。
去年偶然中学時代の同級生と再会した誓願寺に寄ってお土産を渡す。
今夜は道央自動車道の有珠SA車中泊。
 

北海道放浪一人旅

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 6月26日(金)20時06分6秒
返信・引用
  二階と屋根の塗装も終わったので夏休みをとろうと計画していた。やっぱり梅雨を避けて北海道がいいなぁと思っていた。三年連続は勘弁してと、嫁さんから却下。神奈川県の赤井さんとスカイプで話をしたら、北海道に2週間ばかり行かれるとの事。それでは室蘭市のイタンキ浜で落ち合う約束をした。昨年お世話になった長尾さんに電話を入れお世話になる事にした。赤井さんも長尾さんの友人なので、一緒に泊めてもらうことになった。千円のETC特別割引を目一杯使ってやろうと計画。今朝10時に広島を出発。ひたすら青森に向けて爆走中。現在新潟県の「名立谷浜SA」にて休憩中。眠たくなるまでもう少し北上の積り。  

川地塾 北九州の件

 投稿者:プレジャーM山  投稿日:2009年 5月17日(日)21時29分38秒
返信・引用
  はい、よろしくお願いたします。
趣旨は 今回は、神の倉で開催するほどには参加希望者が集まらなかったので、近い開催場所の北九州へ、神の倉からの有志が乗り合わせて参加させていただく、この神の倉メンバーの調整用のカレンダー、というものでした。
 

川地塾 北九州(福岡) 参加見込みの書き込み用カレンダー

 投稿者:わら  投稿日:2009年 5月17日(日)14時15分55秒
返信・引用
  カンノクラと関係中そうなログを来週あたりに消しときます。  

川地塾 北九州(福岡) 参加見込みの書き込み用カレンダー

 投稿者:プレジャーM山  投稿日:2009年 5月13日(水)19時14分38秒
返信・引用
  川地塾で 書き込み用カレンダーを用意されましたので、こちらのを抹消いたしました。  

川地塾 北九州(福岡) 参加見込みの書き込み用カレンダー

 投稿者:プレジャーM山  投稿日:2009年 5月12日(火)05時54分40秒
返信・引用
  参加見込み書き込み用のカレンダーを用意しました。
 ご利用ください。 これはまだ川地さんには連絡していません。

  < http://calendar.so-net.ne.jp/calendar/pc/questionnaireEditOutside.do?v=205&qid=3161e59ebfa81d15000014030009dc819eda696d >


 記入は、
  ①ニックネーム (本名は出さないでください)
  ②参加:   ○
  ③不参加: ×
  ④未定:   △
  でお願いします。
 また、金曜につきましては、"前泊希望"か"希望せず"かもインプットください。

【費用】
 プランA(一括): 24000円、他地区の塾受講は無料
 プランB(分割): 26000円 (20000+1000x6)
                          他地区の塾受講は1000円/日
【福岡開催日程】
 第一回: 6/6-7(土-日)
 第二回: 8/29-30(土-日)
  第三回: 11?/??

http://calendar.so-net.ne.jp/calendar/pc/questionnaireEditOutside.do?v=205&qid=3161e59ebfa81d15000014030009dc819eda696d

 

枯枝選手の方が・・・

 投稿者:不良おやじ  投稿日:2009年 5月 2日(土)19時49分45秒
返信・引用 編集済
  4月29日のクロカンでは枯枝選手の方が高く上がったようです。
板鍋山近くで海抜3320mでした。
XCチャレンジ大会のお陰で皆さん気合が入ったようですね。
3名のGPSログ。http://www.geocities.jp/inagakiiai/

私は入梅前までに外壁塗装を仕上げねばならないし・・・
暫く神の倉には行き辛い!
 

(‐^▽^‐)/

 投稿者:風まかせ  投稿日:2009年 5月 1日(金)01時40分48秒
返信・引用
  ざ~んねん! わたくしめは板鍋山上空でMAXが海抜2965mです。ん~35m届かず。
上がり続けていたんでそのまま回していけば3000mいったでしょうが・・・
一番最後にXC走ったんで先の雲の状態も考えて、先に進む方を選択しました。
今考えるともったいなかったですね~
エリア記録、井○さんが3400mの経験があると枯枝選手から聞きましたが・・・
ど~なんでしょ?
 

レンタル掲示板
/34