teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: アラド96Bのモノグラフ

 投稿者:MERSU57  投稿日:2019年11月 4日(月)10時54分27秒
返信・引用
  > No.478[元記事へ]

Lさんへのお返事です。

情報提供ありがとうございます。
このイラスト通りであればだいたい合っているようですネ
キットの機首のモールドは金型の都合なのか、かなり変な形ですよね
これが正解がどうなのか迷いましたので。

> MERSU57様、アヴィアC2の作品、素敵ですね。私もキットを抱えています。
>
> さて、アヴィアC2(アラド96B)のモノグラフですが”FLUGZEUG Profile 43 Arado Ar96 Varianten”があります。もう一度作ることはないでしょうが、ご参考まで。なお、機首下には特段のディテールはないようです。
 
 

アラド96Bのモノグラフ

 投稿者:L  投稿日:2019年11月 3日(日)17時39分49秒
返信・引用
  MERSU57様、アヴィアC2の作品、素敵ですね。私もキットを抱えています。

さて、アヴィアC2(アラド96B)のモノグラフですが”FLUGZEUG Profile 43 Arado Ar96 Varianten”があります。もう一度作ることはないでしょうが、ご参考まで。なお、機首下には特段のディテールはないようです。
 

Re:JU86D

 投稿者:nananiya72  投稿日:2019年 7月11日(木)15時35分40秒
返信・引用
  Shimiyan 様
情報ありがとうございます。  色々と漁ってみましたら、古いポスターに
ナセルの透視図をあしらった意匠がありまして、その排気管はBV-138とは違って
後方に伸びていましたので、ナセル後端行きかな?とはおもいました。
塗装側面図のなかには、排気管らしい色にはなっていないのですが、出っ張りが
描かれているものがありましたので、少々の確信を得ていました。
Youtubeにこんなマイナーな機体の画像が上がっているとは思っていませんでした。
もっと早く見ていれば・・・・  排気煙を吐きながらの部分はもう確実ですね。
キットにはその辺に突起がモールドされていましたので、これで決定でしょう。
わざわざありがとうございました。
拙ブログにもお出ましください。
 

JU-86D

 投稿者:shimiyan  投稿日:2019年 7月 8日(月)22時42分43秒
返信・引用 編集済
  お久しぶりです。

JU-86Dの排気場所ですが、確証はありませんが

https://youtu.be/-jZYntzNfVM

のJU-86映像で40秒くらいに下部銃座のところに映る
エンジンナセル後部端下部に排気管状の突起があり
さらに1分17秒あたりに排気煙が出ている映像があり
そこが排気管と考察します。
(キットにも突起モールド?)

素人の考察なのでとんでもない間違いかもしれませんが
ご考察の参考になれば幸いです。

画像も添付してみます
 

Re:ユモ205エンジンについて

 投稿者:nananiya72  投稿日:2019年 7月 3日(水)12時01分2秒
返信・引用 編集済
  MERSU57様     nananiya72です
ユモ205ディーゼルエンジンに関するご解説ありがとうございます。
カタチがへんですので、上半分はなにか圧縮系の仕掛けがあるのだろうとは想像していましたが、
まさか、同じものが逆立ちしているとは・・・・・ たしかに合理的ですね。

JU-86Dのキットも持っていますので、開けてみてみましたが、これも排気管がありません(笑)
「精密図面シリーズ」の図面にも排気管らしき図示がありません もっと詳しく写真をみることに
いたします。
今般はありがとうございました。
 

ユモ205エンジンについて

 投稿者:MERUSU57  投稿日:2019年 7月 2日(火)12時06分17秒
返信・引用
  nananiya72様
エンジン本体の件にて

ユモ205は2サイクル対向ピストンディーゼル機関です。直列6気筒ですが気筒あたり2つのピストンが上下に設定
されており、お互いのピストンが圧縮しあい爆発するシステムです。2サイクルなので、一般的なきのこバルブは
無く、ピストンバルブ方式だと思われます。故にあのような縦長なシリンダーケースになっているのです。
このシステムはユンカースのみが実用量産したエンジンではありますが、当初Ju86に装備されましたが、
その独特な振動の為、爆撃機として基本的な編隊飛行が困難で単機行動の偵察機型のみ生き残ります。
燃費は同型ガソリンエンジンと比べて約4割は向上はしたようですが。
ちなみに2サイクルなのでエンジンオイルも同時に爆発燃焼するのでそりゃ排気ガスは凄いと思いますよ。
私はバイクで2サイクルのヤツ乗ってたんであのオイルが焼けた排気臭は結構好きだったですけどね。
 

BV138の排気管

 投稿者:nananiya72  投稿日:2019年 7月 1日(月)23時28分10秒
返信・引用
  MERSU57様     nananiya72です
BV-138の排気管位置の件、ご教示ありがとうございます。
液冷エンジンならば、メッサーやスピットのような、単排気管を想像していました。
この度 ユモ205エンジンを検索してみて、集合排気管、それも気筒中央付近から抜く、
という排気管がついた画像がみられましたので、納得です。  V型12気筒くらいを想像
していたのですが、直列6気筒とは・・・・ そして、そのカタチはちょっとびっくりでした。
なんであんなに、縦長のなの??
キットにはそれらしい位置に、なにやら突起がついていますが、ちょっと違いますね。
ところで、なぜ排気管位置が気になったのかというと、ディーゼル排気臭と軽油の匂いが大っ嫌いでして、
中央エンジンの、後ろの機銃手は地獄だったのではないか?というぎもんを持ったからでありました。
結局、あの位置では、特には後部機銃手に配慮はされていないようなので、
やっぱり臭かったのでは? と今更ながらにお気の毒・・・・・   でも、戦争ですからね。。
 

BV138の排気管

 投稿者:MERSU57  投稿日:2019年 6月30日(日)13時47分19秒
返信・引用
  nananiya72様
BV138の完成品を観させて戴きました。なかなかいい感じに仕上がっていますね。
さて質問にあった本機の排気管の位置の件、添付画像の通り(外翼部分のみですが)
主翼付け根あたりについていますね 画像は著作権のこともあると思いますので
ワザと画像を荒く処理したものです。やや見難いですがご参照下さい。
 

ハセガワ1/72疾風

 投稿者:小川登至也  投稿日:2019年 6月25日(火)12時49分57秒
返信・引用
  加藤さんの作例の ハセガワ1/72疾風、カッコいいですね!加藤さんの手腕もさることながら、このキット、だいぶ古く、モールドもディテールも今の目では評価できないかもしれませんが、このキットの外観、小生とっても好きなんですよね。ほんとカッコいい!ハセガワの疾風は48もカッコいいですが、このキット、いつまでもなくならないでほしいです。  

赤い星様へ

 投稿者:  投稿日:2019年 6月 3日(月)13時19分33秒
返信・引用
   お返事ありがとうございます。サイトの「赤い星」の方も度々、拝見しております。昨今の勇敢なアイテムの製作記事にドキドキしたり、手書きの上手さに唸っております。初期の作例では非常な苦労をなさっていたのが最近の完成度の高さに驚愕、尊敬し憧れてやみません。

 海外、ことに旧東側系のキットは遍歴が複雑で面白いですね。MAの中野D児さんの模型史の連載は一部は別冊に纏められたもののMPMなどについては本にならなかったので少し、知りにくいかもしれません。

 VESのSu-15の超絶モールドは美大出身の横山宏さんも絶賛するなど有名ですが、あの系統の情熱的キットはあちら側で散見しますね。ストリームのSu-24M、ICMのTu-2、チェコのメーカーのPe-2やBf109G-10など。La-15もそうかな。同じグループが設計、型を起こしているのではないかと妄想しています。
 CAD/CAMの御時勢ですし、金型代を惜しまずスライド金型を恐れない中国もメーカー辺りは彼らと組んでくれたら楽しいのに。中国系のキットはリベットなど割と表面表現が単調で記号的、とても残念なのです。アキュレイトやモノグラムも確かに素晴らしいですが、あのグループの横溢する情熱には見劣りします。ぜひ良いメーカーと組んで、ヒケや突き出しピンの跡や金型の傷や合わせの悪さや金型サイズの制約のための徒な部品細分化などに往生することなくあのディテールと実感的なプロポーションを堪能したいものですね。
 

レンタル掲示板
/46