teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ホーカー シーホークの尾翼のフェアリング

 投稿者:出戻りモデラーK  投稿日:2021年10月 8日(金)06時50分26秒
返信・引用
  五六式(TYPE-56)様の「HAWKER SEAHAWK Mk.100/101 (HOBBY BOSS 1/72)」の記事(https://www.webmodelers.com/202110GorokushikiHoker.html)を読んで、英軍機でよく見る十字尾翼直前のフェアリングの事が急に気になってきたのでネットを漁ってみました。

http://www.letletlet-warplanes.com/2018/03/20/seahawk-the-first-hawker-jet-fighter/
> During the early flight testing severe buffeting was experienced. To cure this an acorn fairing was placed at the intersection of tailplane and fin.
(初期の飛行試験中に、激しいバフェッティングが発生しました。 これを治すために、ドングリのフェアリングが水平尾翼とフィンの交差点に配置されました。※Google先生訳)

「acorn fairing=ドングリフェアリング」等と呼ばれている様で、バフェッティング対策だとか。原理はいまいちわかっていませんが、胴体前部や主翼で発生した乱流が尾翼を叩くのを、このフェアリングが「バリヤー」張って防ぐっぽいです。英語版ウィキペディアにも似たような記述が。
上記はシーホークの場合ですが、ホワールウィンドやミーティア等も恐らく同じ理由ではないかと。ヴィクターはT字尾翼で同様のフェアリングがありますが、あれもそうなのかな……なんかアンテナ内蔵してるそうですが。
 
 

XF-103,素敵ですね。

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 5日(日)15時14分3秒
返信・引用
   五六式(TYPE-56)さんへ
 毎月、アイテムも作りも素晴らしい作品のご発表、尊敬しております。
 XF-103のキットが出たことは知っていましたが「どんなものなんだろう?」と思っていたのでとても嬉しいです。レジンキットだという話でしたが、3Dプリントなのですね。もっと形が良くてもっと作りやすいかと思えば、そうでもないと。

 XF-103と言えば、昔、航空ファンの増刊に詳細な記事が出ていて、思ったよりもいいところまで進んでいたことを知りました。これを本の山から掘り出すと大変なのでMA「ドリームファイターモデリングガイド」の河野義之の解説から搔い摘んで。
・ベイルアウトはB-58のようなコクピットカプセルをF-104Aのように下方射出。
・四角いノズルは初期構想で、結局普通の丸いノズルに。
・実機は、放熱コーティングでペイルブルーに塗る予定だった。
・前方ペリスコープは意外に視界が良く、F-84に付けて40時間200回の離着陸テストでも良好な結果を得た由。
・エンジンは英オリンパス系の純ジェットとラムジェットの組み合わせで後者は前者のアフターバーナー部にある。高速に達したら可変ランプを動かして前者をバイパスして後者へ直接、吸気を流す仕組み。ラムジェット及び切り替えシステムは実用化レベルに達したが、なんと普通のジェットエンジンの開発でもたついた。で、CF-105アロー用のオレンダ・イロコイベースにすることも検討の由。
・空軍の要求'50、発注'51年、53年モックアップ完成、最終審査通過57年1月&試作機製作開始、8月キャンセル。初号機の胴体と主翼の組み立てはほぼ完成し、外板を貼る直前であった。
 というわけで、もう少し頑張れれば試作機が出来て飛行試験に進めたのに惜しい。おなじみのボロン系燃料を使えばマッハ5も狙えたそうな。
・キャンセルされたのは、XB-70と縁の深いXF-108の方がXF-103よりも有望だから。実際、空軍は技術的な問題がないと判断していた。もっともF-108もまた金欠のためXB-70よりも早く'59年にキャンセルされてしまった。
 

ご返信、ありがとうございます

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 5日(日)14時03分14秒
返信・引用
   UH-1の件、ご返信ありがとうございます。
>機首GUNがついていてお得
 値段が同じなのにエッチングの付属するB型ではなく、なぜ付属しないC型を選んだのかを思い出せました。

 小生が持っているのは両方ともC型(商品名はセミナー:UH-1Cヒューイコブラ、アカデミー:UH-1Cヒューイ”フロッグ”)ですけど、胴体のモールドは違うのです。ほぞ穴や部品の裏側にも差がありますし、湯口の位置と太さと形、枠と中の部品数も違うので、コマの入れ替えによる差ではないでしょう。その他のランナーもパーツと配置も違いますし。また、両社とも同じ型なのにエンジンカバー回りの形が違います。

 内外模型界では時々「元祖と本家」「先発とジェネリック」「オリジナルとカバーorオマージュ」が見られるので、基本はスケールメイトの纏め通りなのかなと。なお、スケールメイト調べではアカデミー/MRCはC型だけのようです。

 でもお持ちのアカデミーB型(スケールメイト未発見。画像検索ではアカデミーのB型は1/48しかないみたい)は仰る通りセミナーと同じ金型なのでしょう。アカデミーは、1/72のF-86のように同じアイテムでも金型を作り直すことがある様ですから、フルモデルチェンジの新金型でC型を出したのでしょうね。
 

Re: UH-1B (アカデミー 1/35)について

 投稿者:webmodelers  投稿日:2021年 9月 4日(土)21時08分15秒
返信・引用
  > No.527[元記事へ]

Lさんへのお返事です。
L様 ご覧になっていただきありがとうございます。
私もMRC/アカデミーと箱にある1/35キットも持っていますが、エンジンフィルター付きのC型です。ガトリングガンつきのB型として発売しているのはアカデミー版だけだったような。
胴体は2つとも同じモールドです。
機首Gun もついているのでC型の方がお得感がありますね。

>  小生も同じキットの別バージョンを持っております。昔、ポストホビーのバーゲンで買いました。で、キットをよく見ると英字で「SEMINAR PLASTIC MODEL CO.LTD」と印刷されていました。
>  で1/35のUH-1ですが、MRCという会社からも発売されています。両者はモールドが大変良く似ているのですが、後者の方が出来が良く全く別物です。実はMRCのUH-1はアカデミーのOEMのようで。
> https://www.google.com/search?q=MRCのUH-1&client=opera&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwj_hpzhmePyAhWPGKYKHXt1AaYQ_AUoAXoECAEQAw&biw=911&bih=418
>
> スケールメイトによると、セミナーが90年かそれ以前、MRC(アカデミー金型)が94年の由。https://www.scalemates.com/products/product.php?id=143340&p=timeline
>
>  もっとも、小生のインチキな記憶だと出来が良くて高いMRCが先で、セミナーが後だった気がします。で、貧乏な日韓他のモデラーが”手に入らないレベル1/32よりマシ”とセミナーで我慢してた印象。韓国のキットは日本式に箱に値段を示すらしき数字が印刷されていますが、後に中古で買ったアカデミー=MRCには20000(約2000円)、セミナーには9000(約900円)とありました。「地獄の黙示録」やHJの”ラぺリングでわらわら兵士が降りるレベル1/32UH-1ベトナムディオラマ”を思い浮かべながら買い込んだ同輩が多かったろうと思っています。
>
>
 

UH-1B (アカデミー 1/35)について

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 4日(土)01時48分24秒
返信・引用
   小生も同じキットの別バージョンを持っております。昔、ポストホビーのバーゲンで買いました。で、キットをよく見ると英字で「SEMINAR PLASTIC MODEL CO.LTD」と印刷されていました。
 で1/35のUH-1ですが、MRCという会社からも発売されています。両者はモールドが大変良く似ているのですが、後者の方が出来が良く全く別物です。実はMRCのUH-1はアカデミーのOEMのようで。
https://www.google.com/search?q=MRCのUH-1&client=opera&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwj_hpzhmePyAhWPGKYKHXt1AaYQ_AUoAXoECAEQAw&biw=911&bih=418

スケールメイトによると、セミナーが90年かそれ以前、MRC(アカデミー金型)が94年の由。https://www.scalemates.com/products/product.php?id=143340&p=timeline

 もっとも、小生のインチキな記憶だと出来が良くて高いMRCが先で、セミナーが後だった気がします。で、貧乏な日韓他のモデラーが”手に入らないレベル1/32よりマシ”とセミナーで我慢してた印象。韓国のキットは日本式に箱に値段を示すらしき数字が印刷されていますが、後に中古で買ったアカデミー=MRCには20000(約2000円)、セミナーには9000(約900円)とありました。「地獄の黙示録」やHJの”ラぺリングでわらわら兵士が降りるレベル1/32UH-1ベトナムディオラマ”を思い浮かべながら買い込んだ同輩が多かったろうと思っています。

 

Re: 推敲

 投稿者:出戻りモデラーK  投稿日:2021年 9月 3日(金)01時02分29秒
返信・引用
  > No.524[元記事へ]

Lさんへのお返事です。

>  実際にはF-5Aの初飛行は1959年だそうなので、25年ズレちゃいます。ちなみにエアフィックスのF-5Aは1966年、ハセガワは67年発売の模様。オーロラ?、オータキやサンワ、シズキョウのミニキットが何時なのか不詳ですがこれよりも前でしょう。


オオタキのF-5は意外に新しいです。と言っても'60年代ではありますがw
(シズキョウは見つけられませんでした)

オオタキ 1969
https://www.scalemates.com/kits/otaki-a6-f-5a-northrop--175951
三和 1963
https://www.scalemates.com/kits/sanwa-146-northrop-n-156f-freedom-fighter--1029217
オーロラ 1962
https://www.scalemates.com/kits/aurora-140-98-northrop-n-156-freedom-fighter--1006205

このサイト(scalemates)のデータもちょっと怪しげなところがちょくちょくあるのですが……
 

Bv155 V2のトルクリンクの位置

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 2日(木)23時44分46秒
返信・引用 編集済
   こんばんは。Bv155 V2 (アートモデル 1/72)の記事、ありがとうございます。Bv155は昔、MGで横山宏さんが無体なマーリン?の簡イキットを作ったのを見て以来ずっと関心がありました。
 疑問にお思いのBv155 V2のトルクリンクの位置ですが、「モノグラムクローズアップのBv155」などを見ると脚柱の後ろに付いているようですね。
 

推敲

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 2日(木)22時59分14秒
返信・引用
   毎月面白い記事をありがとうございます。
 さて"<日本航空史> MU-2はV-22オスプレイに進化した"ですが、3枚目の写真の下に「前進翼実験機X-29も前胴はフリーダムファイター(1984年初飛行)」とあります。(1984年初飛行)は、「X-29」の真後ろに入れた方が意が伝わると思います。原文を字面で読むと”「フリーダムファイター」が(1984年初飛行)した”ように見えてしまいます。
 実際にはF-5Aの初飛行は1959年だそうなので、25年ズレちゃいます。ちなみにエアフィックスのF-5Aは1966年、ハセガワは67年発売の模様。オーロラ?、オータキやサンワ、シズキョウのミニキットが何時なのか不詳ですがこれよりも前でしょう。
 

ご多忙の中、9月号の発行、ありがとうございます

 投稿者:L  投稿日:2021年 9月 2日(木)21時37分12秒
返信・引用
   こんばんは。ご多忙の中の9月号発行、ありがとうございます。時節柄、ご病気や怪我ではないかととても心配して居りました。HJは月末発行でしたが、月初め発行が普通でした。ウェブモデラーズはHJと違い、発行されるまで駅前の大きな本屋さんへ繰り返し歩く必要がないので、じっくり時間をかけて発表していただいてもOKです。
 それではご自愛とご安全を?
 

Re: 9月になっても9月号の公開がなく心配

 投稿者:webmodelers  投稿日:2021年 9月 1日(水)21時04分8秒
返信・引用
  > No.521[元記事へ]

Lさんへのお返事です。
webmodelers発行人 田口です。
ご心配をおかけし申し訳ありません。
体調は大丈夫なのですが、諸般の事情で忙しく時間がとれませんでした。
ばんかいすべく、今日 最後の編集作業をしている段階で、容量の大きいページをサイト転送しようとして、エラーフリーズしてしまい、リセットはしたのですが、数時間 止まってしまい、つい先ほど やっと復旧しました。Photo特集をアップしたら、もう1時間くらいで いくつか積み残しがいくつかありますが、9月号のとりあえずの発行をいたします。


>  8月末に9月号先行公開がなくて心配でしたが、9月になっても9月号の公開がなく不安です。お忙しいということならまだ良いのですが、時節柄ご体調が心配です。
>  記事は集まっているかと思いますが、条件が整うまで待ってゆっくりと編集なさってくださいね。読者の多くはグンゼレベルだのマルサンだののキットを数十年抱いてるくらいで待つのは嫌いじゃないと思いますので。
 

レンタル掲示板
/51