teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 追跡戦闘車

 投稿者:webmodelers  投稿日:2021年 4月11日(日)22時10分40秒
返信・引用
  > No.513[元記事へ]

松戸のタカさんへのお返事です。
月刊webmodelers 発行人田口です。
追跡戦闘車ですが、申し訳ありませんでした。4月号のメモリー尺が一杯になってしまいまして、4月号には掲載できず、掲載延期となってしまいました。7月号で電動を特集していますので、その折に掲載できないかと考えております。

> 編集長様
> 今月のパイロット版の表紙にはキャプテン・スカーレットの「追跡戦闘車」が表示されていましたが、正式版では消えてしまいました。追跡戦闘車の記事を楽しみにしていたので少し残念です。何かの機会にupしていただければ嬉しく思います
>
 
 

追跡戦闘車

 投稿者:松戸のタカ  投稿日:2021年 4月 7日(水)08時28分39秒
返信・引用
  編集長様
今月のパイロット版の表紙にはキャプテン・スカーレットの「追跡戦闘車」が表示されていましたが、正式版では消えてしまいました。追跡戦闘車の記事を楽しみにしていたので少し残念です。何かの機会にupしていただければ嬉しく思います
 

(Photo) Grumman S-2T Turbo Trackerについて

 投稿者:L  投稿日:2021年 3月30日(火)00時48分40秒
返信・引用
   毎月、多くの実物写真を公開していただきありがとうございます。
 ところで真に些末ながら、「前代のエンジンはカーチス・ライトR-1820-82 ”153hp”」となっていますが、”1,525hp”くらいでは?
 また「T型はガレットTPE-331」とありますが、世間的にはGarrettを”ギャレット”を表記することが多いようで。
 

ヤークトティーガーは突撃砲ではなく、駆逐戦車では?

 投稿者:L  投稿日:2021年 3月30日(火)00時30分36秒
返信・引用
   甚だ些末なことですが、21年4月号の”(Photo) Sdkfz.186 ヤークトティーガー”に「ヤークトティーガーは~重突撃砲です」とありますけど、独軍の分類としては”駆逐戦車”でしょう。
突撃砲Sturmgeschützは、元々は歩兵支援兵器で砲兵隊の所属でした(後に戦車隊にも配備されますが)。
 駆逐戦車Jagdpanzerは名前の通り、対戦車戦闘に特化した戦車で戦車隊に配備されました。例えばSS第10戦車師団フルンツベルクにはヤークトパンターが配備され、少年兵のギュンター・グラスが搭乗しています。
 で実際、シュピールベルガーの「重駆逐戦車」にもJagdtigerが取り上げられています。
 後、ボービントンの個体について”グレー地にダークイエロー斑のカモフラージュで、大戦末期らしい塗装”と評してますね。旧タミヤとか大滝の指定塗装がこれだった気がします。しかし、ダークイエローへの転換指令は43年2月の上、ヤークトティーガーの生産が1944年の2月ないし7月からですからダークグレー塗装の可能性は微レ存レベルでしょう。これがボービントンがダークイエローに塗り替えた理由でしょうね。ヤークトティーガーの末期(まっきというよりまつご?)感のある塗装というと全面錆止め塗装のみの赤茶色あたりでしょうか。あとは44年11月、敗戦の半年前に出た指令によるオリーブグリーンベースの3色迷彩とか。
 

Re: 画像使用承諾のお願い

 投稿者:webmodelers  投稿日:2021年 3月26日(金)18時07分17秒
返信・引用
  > No.509[元記事へ]

篠原直人さんへのお返事です。
篠原様
初めまして
He111のご依頼の件、私の製作物の写真ですので、どうぞお使いください。
巻末クレジットだけ入れて頂ければ、それだけで結構です。
今後とも宜しくお願いします。
田口博通
> 田口様
>
> 初めてお目にかかります。篠原と申します。
>
> イラスト&デザイン事務所を経営しております。
> 主に書籍のデザインや挿絵イラストを手掛ける仕事をしております。
>
> このところ、大戦機を手掛けることが多く
> その集大成として本年6月に『戦鳥』(いくさどり)という
> 書籍を出版予定でございます。
>
> そこでお願いなのですが
> こちらに掲載されております1枚目の
> He111の構図を参考にイラストを描かせて
> 頂けないでしょうか。
> http://www.webmodelers.com/He111.html
>
> 画像をそのまま使用するわけでなく、構図を真似た模写となります。
>
> もし可能でしたら巻末にクレジットと
> 僅かばかりですがお礼もさせて頂きます。
>
> お返事を頂けましたら幸いでございます。
>
> 321-0151
> 栃木県宇都宮市西川田町950-6
> アトリエ空のカケラ
> 代表 篠原直人
>
> TEL/028-305-2737 090-3341-4910
> URL/http://soranokakera.lekumo.biz/website/index.html
> MAIL/soranokakera@uq.babyblue.jp
 

画像使用承諾のお願い

 投稿者:篠原直人  投稿日:2021年 3月25日(木)14時06分53秒
返信・引用
  田口様

初めてお目にかかります。篠原と申します。

イラスト&デザイン事務所を経営しております。
主に書籍のデザインや挿絵イラストを手掛ける仕事をしております。

このところ、大戦機を手掛けることが多く
その集大成として本年6月に『戦鳥』(いくさどり)という
書籍を出版予定でございます。

そこでお願いなのですが
こちらに掲載されております1枚目の
He111の構図を参考にイラストを描かせて
頂けないでしょうか。
http://www.webmodelers.com/He111.html

画像をそのまま使用するわけでなく、構図を真似た模写となります。

もし可能でしたら巻末にクレジットと
僅かばかりですがお礼もさせて頂きます。

お返事を頂けましたら幸いでございます。

321-0151
栃木県宇都宮市西川田町950-6
アトリエ空のカケラ
代表 篠原直人

TEL/028-305-2737 090-3341-4910
URL/http://soranokakera.lekumo.biz/website/index.html
MAIL/soranokakera@uq.babyblue.jp
 

けっこうな月光について

 投稿者:小人19  投稿日:2021年 3月13日(土)23時02分39秒
返信・引用
  今月号の月光のけっこう仕様の作例は素晴らしいと思う反面、
何処にも©ダイナミックプロの表記がない事が気になります。
自身のサイトには無断転載を禁じるとあるのに
他人の著作物の権利には無頓着な姿勢には違和感があります。
無料公開だし親告罪だから見逃してくれるかもしれませんが、
有料のPDF版に掲載する際には筋を通された方が宜しいでしょうね。
 

残念なタミヤについて

 投稿者:小人19  投稿日:2021年 3月13日(土)22時39分5秒
返信・引用
  今月号のタミヤに関する記事の中でパーツ図が無いとの記述がありますが、
ウォーバードシリーズばかり作っている自分には意外でした。
理由は同シリーズのイタレリ製品にはタミヤが日本語説明書を付けており、
それにはしっかりとパーツ図が掲載されているからです。
オリジナル版のパーツ図を流用しているのかもしれませんが、
少なくともおかしな拘りや意地になっているわけではないようです。
 

「日の丸」のフォッカーDⅦ

 投稿者:コルディッツ  投稿日:2021年 3月 7日(日)14時27分44秒
返信・引用
  出戻りモデラーK様、L様、平針みなみ様
このたびは拙稿を見て頂いた上に、ご教示を賜りまして、感激しました。
どうもありがとうございます。
このところ花粉症が酷くなり、特に両眼は散々な炎症状態で、Modelers誌を見られない状況が続いていましたので、ご支援を賜りながら、お礼が遅れまして申し訳ございませんでした。
博物館の照明もあると思いますが、館内で初めて見た時の、「日の丸」の印象は真っ赤でビックリしたことは忘れられません。
投稿後も気になって調べていたところ、第一次世界大戦中に中立国オランダに不時着したフォッカーDⅦには、元のローゼンジ・カモフラージュ上の十字に、orange-red ballsをオーバーペイントしたという記事を見ました。オレンジ色も幅が広いので、赤に限りなく近いと言う事かと思いました。
これからもご指導・ご鞭撻を宜しくお願い致します。
 

童友社は広告を出して下さり有り難いね

 投稿者:L  投稿日:2021年 3月 2日(火)15時51分50秒
返信・引用
  2月号の「童友社へ一言」で辛辣な批判を受けていたけど、「今月の新製品」を見ると広告を出して下さって有り難い限り。
さはありながら、モーターライズだから新金型でもあるまいに1/24?の乗用車キットの本体価格が三千円に驚愕。オリジナルが中古市場で五千円前後で取引されてたりするのかしら?
ま、減価償却の終わった50年前の金型と言えども、整備と生産、箱やインストの経費は現代のそれだから相応の価格にはなるのだろうが、それにしても高いなあ。ちなみにMA71年10月号広告にはヤマダのモーター付き(レバー一つでバックも無段階変速も可能)1/25「クラウンハードトップSL」や1/22セリカGTが500円(勿論消費税無し)やバンダイ1/20「カローラ1400SR」「ギャランGTO」「セリカ1600GT」がモーター付きで800円で載っていた。なお、タミヤ1/12「フェラーリ312B」は1500円である。大滝の1/12「ムスタングマッハ1」はモーター付きで3000円であった。
MA2018年2月号を見ると、ハセガワの新キット1/24「シビックRS」が3200円、青島の「セドリック/グロリア'87」が諸々オマケを付けて2400円(金型は30年以上前のものだろう)の由。
童友社さんにはもっと頑張ってほしかった。
 

レンタル掲示板
/50