<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


はやぶさ2

 投稿者:小島祥吾  投稿日:2020年12月 5日(土)17時28分36秒
返信・引用
  今晩 とうとう帰ってきますね。午前2時過ぎのようですが、ベットで寝ながらスマホで見ようかと思っています。
前回のはやぶさはドラマがあり、地球に戻ってきて本体が燃え尽きる姿を涙ながら見ていました。今回はカプセルだけなのでどうなのでしょうか?

アメリカ大統領選挙の方はいよいよ面白くなってきましたよ。証拠がないないと言われていましたがある開票所の様子が監視カメラに写っていて不正集計作業がもろに出ていましたね。すっかりはまっています。
 

クリスマスプレゼント

 投稿者:バンサ104  投稿日:2020年12月 5日(土)07時50分17秒
返信・引用
  孫娘が片言の会話ができるようになりました。じいちゃん・ばあちゃんも理解できてるようで、可愛いですね。男の子しか育てていなかったので、女の子のプレゼントを嫁さんから教えてもらい「ポポ人形」をお願いしますとのことでトイショップで見てきます。これからは孫たちの成長が楽しくなるのでしょうね。

先生入院生活にならぬよう気を付けてください。
 

光陰矢の如し

 投稿者:二川義昭  投稿日:2020年12月 2日(水)09時25分17秒
返信・引用
  コロナコロナで明け暮れた今年も早や12月。昨日は我が住居にも巨大なクリスマスツリーが飾られました。時の流れの速さは年齢により異なります。5歳の子供の時間は時速5キロでゆっくり流れる。40歳の大人の時間は時速40キロ。そして私の時間は時速88キロの猛スピード。
まさに「光陰矢の如し」です。21期の皆さんの時間は時速68キロ。まで周囲の風景を眺める余裕がありますね。
 

叔母が

 投稿者:バンサ104  投稿日:2020年12月 1日(火)18時00分51秒
返信・引用
  施設で鼻血が止まらないと連絡があり、耳鼻科に行きましたが、血管を焼いて止まりました。簡単でしたよ。
この頃引きこもり状態で 自分はしっかりしてるつもりなのですが、奧さんから「大丈夫なの」の言葉が多くなりました。
  私も 興味をもって大統領選挙の結果を注目しています。私たちの知らないところで世界は動いていますね。報道機関からの情報しか知らないので洗脳されているようです。デープステイトは恐ろしい。
 

鼻血

 投稿者:小島祥吾  投稿日:2020年12月 1日(火)12時04分20秒
返信・引用
  連休の土曜日から朝方鼻血が出るようになり、どうしてだろうとインターネットで調べると、いろいろ病気の原因が上がっていてちょっと心配になりました。
昨日、丁度病院に行く日だったので先生に聞いてみたところ、同じところから鼻血が出るなら血管が弱っていてちょっとした刺激で鼻血が出るのだ、続くようなら耳鼻科で弱ったところを焼いてもらえばよいとのことでした。これでひとまず安心しました。

このところの一番の楽しみは、アメリカ大統領選挙がどうなるかということです。
トランプだバイデンだとニュースが出ていましたが、インターネットではもっとすごいことになっています。不正選挙だということで裁判になっていることはご存知のことと思いますが、不正が疑われている選挙集計ソフトのサーバーが、なんとドイツのCIAが管理するシステムにあることが分かり、米軍の特殊部隊に急襲され押さえられたというのです。その際、CIA側1人、特殊部隊側5人の兵隊が死亡したとのことです。
これって政府機関同士の戦いだからクーデターじゃないの、という話が広まっています。ミステリー映画のようですが、どうなるか興味津々でインターネットを見ています。もしこれが事実なら、世界史的な事件を体験することになりますよ。
 

無様な姿

 投稿者:バンサ104  投稿日:2020年11月23日(月)20時33分3秒
返信・引用
  滋賀で有名なお寺の紅葉観光巡りに行こうまでは良かったのですが、そこまで階段の段数が半端なく、杖2本の助けと息切れでよれよれ状態です。  

冬来たりなば・・・

 投稿者:二川義昭  投稿日:2020年11月19日(木)20時26分44秒
返信・引用
  晩秋も終わりですね。北大銀杏並木はもう終わりですが、私の部屋の目の前にある藤女子大の銀杏は写真のようにまだ生き延びています。
いよいよ冬ですね。
自然界は「冬来たりなば春遠からじ」ですが、人生は「冬来たりなばそれでおしまい」ですね。でも生来「鈍感力」の強い小生は「晩秋も良し、冬もまた可なり」の心境です。
 

孫たち

 投稿者:Ban  投稿日:2020年11月15日(日)09時42分36秒
返信・引用
  「お食い初め」の孫たちも5歳と3歳に。
男二人は、活発です。
自分の身を守りつつ目いっぱい相手しています。
子の成長を見続けるのは、楽しいし幸せなことです。

そうそう
12日の木曜にバッタリ
喫茶リーフで
ひとみちゃんにお会いしました。
お元気そうでしたよ。
ラッキーな嬉しい日でした。
 

毎日早朝から

 投稿者:バンサ104  投稿日:2020年11月13日(金)20時04分51秒
返信・引用
  寝起き一杯でコ-ヒ-と紅茶を飲んでいたのですが、胃の刺激が強かったせいか口角が荒れて口裂け女になり、マスクで隠せるので、何とかなるとそのままにしておいたのですが、さすがに孫たちの第一印象が悪いと思い病院へ。早く完治できればいいのですが、  

Re: お食い初めのこと

 投稿者:バンサ104  投稿日:2020年11月13日(金)19時23分11秒
返信・引用 編集済
  > No.2382[元記事へ]

二川義昭さんへのお返事です。

> 「お食い初め」の風習は地域や家庭で千差万別のようですが、「生後100日祝い」という点では共通ですね。
> 最近ではBanちゃんがお孫さんの「お食い初め」のお祝いをしているようですよ。


> 私の子供たちは省略したとのことでした。以前 孫娘の100日で滋賀の義父母の集合写真に、鯛と豪華な料理の写真が送られてきましたが、食べれないのに何で?それが「お食い初め」だったのですね。今初めて分かりました。奧さんいわく そんなことも知らないの!でした。お恥ずかしい。孫息子で初体験です。北海道は急激にコロナ感染者が増えてきていますので、息子夫婦は不安に感じるでしょうね。
 

/159