teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


まがい物キット、面白いですねえ!

 投稿者:L  投稿日:2015年 6月30日(火)20時38分30秒
返信・引用
   こんばんは。スティングレイ、中国でも放映されて人気なんでしょうか?キットの方は写真をチラ見する分には立派に見えますが、合わせ・モールド・プロポーションは如何ですか?ぜひ組んで欲しいです。
 サブカル好き・コレクター指向から見ると、ニセモノ文化もまた楽しい。少し前まで日本もパチものとコピーで溢れていて元気だったのにねえ。タミヤでさえコピーやパチモンを出していたわけで。最近では、某メーカーが現用艦のWLを出していましたが、真面目すぎる出来で辛い。一方、中国の偽物文化が永遠とは、傍からは楽しみなことです。

 ところで、南沙の件でずうずうしいととのことですが、経緯から行くとどうなんですかね。南沙の先有権を主張したのはフランス、実効支配して”領土”化したのは我が帝国で台湾県に編入。敗戦によって日本は主権と領有権を失い、台湾ごとP5の中国が南沙を得たということだそうで。一方、フィリピンはパリ条約で領域が決められているのですが、その範囲には南沙は含んでいません。そのため、米比軍事条約も南沙を対象にしていないそうです。フィリピンは国共内戦やインドシナ戦争ののドサクサで実効支配したのが実情で、国際法上の領有の根拠はありません。
 ベトナムの独立は、サンフランシスコ条約の後ですから、領有権をフランスから引き継いだと言えるかどうか?これも、ドサクサ実効支配の口です。
 中国が領海内でも自由に航行できる無害航行権を認めないといいだしたら、図々しいですけど、さすがにそれはないようですので。
 
 

スマートフォン用のトップページ作ってみました。

 投稿者:Web modelers  投稿日:2015年 6月17日(水)22時13分26秒
返信・引用
  webmodelers発行人の田口です。
スマートフォンをお使いの方のために、トップページを作ってみました。リダイレクトの方法が今ひとつわからず、対応が出来ていませんので、PC用トップページの下の方にある スマートフォン用のボタンをクリックして、入ってください。スマートフォン用のトップページをお気に入りに追加しておくと便利だとおもいます。
試していただいて、不都合点や改良点があれば、掲示板に書き込んでいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

http://www.webmodelers.com

 

Re: 楽しみ!

 投稿者:寿  投稿日:2015年 3月 5日(木)21時08分54秒
返信・引用
  > No.324[元記事へ]

Jg301さんへのお返事です。

> Jg301さん、こちらこそ初めまして。
>リベレーターの感想ありがとうございます。お気に召して頂けたようで何よりです。プラモはやはり、楽しんで作るのが一番かとw
> 作例も反応があるとやはり嬉しいですね。お陰で、これに懲りずまたアホな完成品を作って投稿してみたいという気にもなります。
 

楽しみ!

 投稿者:Jg301  投稿日:2015年 3月 3日(火)13時53分24秒
返信・引用
  こんばんは、
毎月、晦日は私の楽しみの日になっております(日本から14時間遅れておりますので(^^:)

寿さん、はじめまして、B-24の楽しそうな製作記事と美味しい作品、ご馳走様でした!! 又、お願いします!!(^^)

田口さん、お久しぶりです(^^:
可能であればQ&A的なコラムは出来ませんか?? ぜひ御一考を!!
 

スタンド付きが懐かしい!

 投稿者:R.P.K.  投稿日:2015年 2月 3日(火)06時04分13秒
返信・引用
  田口編集長、勤め人で編集しながら新規作例まで毎回製作するのは頭が下がります。今回のレベル特集にマッキ新作が間に合って良かったが、古いP-39 キットを改修してヒコーキキットに付いていたスタンドに載せると当時のプラモへの熱い思いが蘇ります。最初は地元の模型屋で三共ピーナッツシリーズをコツコツ買い、横浜の中高へ通ってから元町千代田ホビーや黄金町の輸入模型店、さらに輸入模型のメッカ・新橋ステーションホビーへ行って、ABTデカールかプロファイル・パブリケーションにするか何時間も迷ってました。高価な輸入キットもこころゆくまで見せていただき幸せな時間を過ごせました。作り急いだので方向舵右のサヴォイア紋章が曲がって失礼しましたが、あれから貴重なデカールで修正しました。  

これは素晴らしい!

 投稿者:L  投稿日:2015年 1月 7日(水)14時59分51秒
返信・引用
   これは素晴らしい!
 強引な直接アプローチしか思いつきませんでしたが、スマートですね。今週にも電気街に行って私もやってみたいです。ありがとうございます。
 

Re: SKM三整曹様、回答有難うございます。

 投稿者:SKM三整曹  投稿日:2015年 1月 6日(火)23時03分16秒
返信・引用
  Lさんへのお返事です。

(1)金属用大型ニッパー
(2)ワイヤーカッター。漢はこれでしょ。寝そべって半身で切るのがお作法。
(3)リューター。ヤスリのディスクを付けて、力を入れずに。安全メガネ必須。
(4)気長に目立てヤスリで。脱獄気分。
(5)タガネ。軸を傷めぬように。

残念ですがこの中に答えはありません。

1.穴をあけたかまぼこ板
2.使用済のデザインナイフの刃先を折り取ったもの3個
3.ビニールテープ少々
4.かなづち
を用意してください。
写真はモーターをセットした後です。
デザインナイフの細い方(差し込む方)を上からシャフトにあててかなづちで叩きます。
結構簡単にとれますよ。
 

SKM三整曹様、回答有難うございます。

 投稿者:L  投稿日:2015年 1月 5日(月)21時23分3秒
返信・引用
   SKM三整曹様、丁寧に回答いただきありがとうございます。

 マナーモード用のモーターでそんなに前後が短いものがあるのですね。144に組み込んだりするのは知っていましたけど。ほら、何分、LSの隼にミニベビーを仕込んでいた世代ですから。
 中古の場合、モーター軸についている錘を外すのに流儀があるようですが、どうしていますか?雑誌では金属用大型ニッパーで切るとか、2,3方法があるようなのですが、失敗も多いと聞きます。
(1)金属用大型ニッパー
(2)ワイヤーカッター。漢はこれでしょ。寝そべって半身で切るのがお作法。
(3)リューター。ヤスリのディスクを付けて、力を入れずに。安全メガネ必須。
(4)気長に目立てヤスリで。脱獄気分。
(5)タガネ。軸を傷めぬように。
 

Re: レスキューホークのテイル・ローターはどうやって回しているのですか

 投稿者:SKM三整曹  投稿日:2015年 1月 3日(土)22時11分6秒
返信・引用
  > No.315[元記事へ]

Lさんへのお返事です。

Lさん動画の視聴ありがとうございます。

答えは(6)です。
私は4ミリの振動モーターの分銅?をはずしたものを多用しています。
ガラ携に使われていた振動モーターと同じものですね!
今はアキバの秋〇で入手可能だと思います。(4個で200円程度だったと思います)
ちなみに11、12月号の複葉機も同じモーターを使用です。
今回のレスキューホークはローターの反対側の内側を削り、ローター側は若干のパテをもってあります。
メインローターは6ミリの小型モーターを使用してピニオンギヤとクラウンギヤの組み合わせで可動させています。
ドアを閉めてしまったのでわかりにくいのですがキャビンにはメディック3人と要救助者1人を載せていて
モーターとギヤは天井の中に組み込んであります。
モデルアート12年7月号のレスキューホークの作例を参考にしています。

>  こんにちは。はじめまして。毎号、楽しく読んでいます。
>  ところで、1月号のレスキューホークのテイル・ローターは動画を見ると回転しているようです。どうやって回しているのですか?
> (1)プーリーで回す
> (2)MG作例の144アパッチのようなシャフトドライブ。皿ギアのように円錐状に削った2軸を直角に組み合わす。
> (3)ユニバーサルジョイントで無理やる繋ぐ
> (4)昔、長谷川が出していたテールローターに仕込んだ磁石と、ベースに内蔵されたモーター駆動の磁石で回転させるカラクリを使っている。
> (5)実は、コントラ回転ギアのように、テールローターを回すキットが市販されていて組み込んだだけ
> (6)極小モーターがあり、それを使っただけ。とっても簡単。
> (7)振動で勝手に回る。そういうおもちゃを知らない?
> (8)メインローターの風で回す
>
>  などと考えてみましたが答えは?
>  よろしくお願いします
 

自由なんですけどねぇ。

 投稿者:R.P.K.  投稿日:2015年 1月 1日(木)06時59分43秒
返信・引用
  つづきさん、確かに航空機のエルロンは左右反対に昇降して揚力を変化させて方向舵の操作をより迅速に反応させます。模型は自由な発想で作る趣味ですが、基本的な構造や機能、できれば実戦も調べてからアレンジしたいものです。東南アジアを転戦した独飛47戦隊は、1943年10月に飛行47戦隊と改名して新設された成増へ移駐、体当たりを含むB-29の迎撃に出動。1944年2月から大阪の佐野、成増に戻り小月へ移動して迎撃戦を続けましたが、水杯を交わすような特攻出撃はしていません。本土飛行場は横須賀など重防備を除き、空襲にさらされても補修が簡単な未舗装でした。清水氏はせっかくすばらしい工作技術をお持ちなんですから、実機の写真を探して当時の状況を把握して再現されるようお勧めします。  

レンタル掲示板
/39