teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


田宮模型72雷電

 投稿者:ヨウスケ  投稿日:2016年 2月 5日(金)12時08分53秒
返信・引用
  加藤様へ
さすが、名人です。懐かしいモデルの、古き良き時代のそれを本当に上手に引き出している。
いつもながら敬服します。以前、レベル32メッサーとタミヤ48ハリアーのモデルアートの記事は今でも忘れません。当時の手法できっちり作成する、すごい技術だと思います。
 
 

MA飛行スペ No.12 F5特集

 投稿者:webmodelers  投稿日:2016年 1月21日(木)22時19分11秒
返信・引用
  webmodelers発行人 田口です。 本年もよろしくお願いいたします。

モデルアートの飛行機スペシャルNo.12 特集 ノースロップの傑作軽量戦闘機 F-5/T-38 シリーズ が 1月19日発売になりました。
実はその中で 私も F5 ナナニイ・コレクションを執筆させていただいております。
ソードT-38タロン、WP RF-5A (旧エッシーの名キット)、ホビーボスF5E,ハセガワ F-20, ハセガワ X-29 の5機です。 中でも ご存じのように ソードのタロンは、エッチング、レジン部品満載の超精密コクピットでした。 どうぞ、書店で手に取ってご覧ください。
 

おおお~~、スピットですか!!

 投稿者:L  投稿日:2016年 1月 1日(金)15時30分20秒
返信・引用
   コメントを書いて布団に入ったら、「ああ、スピットがあった!!」と思い出しました。形が正確に頭に入っている人には不満があるようですが、PPCでN巨匠がレベルと称して長谷川の新作スピットを出して失格になった事がありましたね、私には素晴らしいスピットに見えます。表面仕上げも美しいし、昔のHJ96号に出ていた作例もかっこよかった。車輪が薄すぎるとかキャノピイが肉厚とかの問題はありますが、流用、別売りパーツ、自作によって現代においては難しい問題ではないでしょう。
最近、レベルがあらためて32のⅠ型を出しましたですが旧作の感動を越えていない気がします。CAD/CAMで金型削っちゃ大戦機のプラモに味は出ないでしょう。機械的、均質に打たれたリベットには記号以上の意味が感じられません。実物は外板がベコベコになってたりするのですから、CGでテクチャー貼ったようなツルツルじゃつまらない。昔、為則さんがフラフィーでハセガワ48のP-47を「こんなもんでええやろと作っていて愛がない」とか激怒していて「そこまで言わんでも(困惑)。立派なニューキットで感謝でしょ」と思いましたが、レベルの新作を始め彼の怒りが分かる気がしてきました。

 私も、V型とマイクロを持っているのでいつかはと思っています。
 

Lさん、ヨウスケです。

 投稿者:ヨウスケ  投稿日:2015年12月31日(木)09時16分56秒
返信・引用
  Lさんへのお返事です。

> Lさんありがとうございます。作成中のP40はエンジンとその補助機器周辺、主翼先端、主脚格納庫、後方キャノピーの切り欠き部分などを作成し、6割ほど進んでいます。そのあたりがこの機体の特徴的部分だと思います。国内では資料も少ないので結構想像力を働かせないといけませんが、そのほうがむしろ作りやすいです。
私の目指しているモデラーは、シェパード・ペイン氏。氏の想像力、造形力、表現力は本当に素晴らしいです。
P40の次はレベル32スピット。これはロートル2枚プロペラのMk.1を予定しています。
プロペラはシナ材から削ろと思いますが、数本上手く出来たら、読者へプレゼントしようかと思います。
 

私も、ワイルドキャットF4F  (レベル1/32) !!に感激しました。 

 投稿者:  投稿日:2015年12月28日(月)15時04分9秒
返信・引用
   こんにちは、ヨウスケ様。私もワイルドキャットF4F  (レベル1/32) に感激です。今なら、金型を直してくれたトラペを芯に作るか、妥協して田宮48に手を入れるところでしょう。各部のDUは大変参考になります。FM-2との混同の指摘は勉強になりました。いっそFM-2で作ったらもっと面白いのですが、やりすぎですかね?あと、飛行甲板の自作も素晴らしい。伸縮継ぎ手の彫刻なんて気が遠くなります。PPC級の力作ですね。
 次回作のP-40も非常に楽しみです。次々回はMe109なんでしょうか?でも、さすがにあれは厳し過ぎですよね。グンゼレベルの日本機に進むのかな?
 

TOSHIさん。ありがとうございます。

 投稿者:ヨウスケ  投稿日:2015年12月26日(土)10時14分36秒
返信・引用
  私も50歳を過ぎ、模型作りについて再認識したことが多くありました。若い頃は精密で考証の正確性をやたら求めましたが、最近では、もっと大らかに自分のロマンを追求していくことがモチベーションの維持に繋がると思いました。40年前に初めてレベル32F4Fを作りました。当時は小学生、完全なる素組でしたが、省略された主脚格納部分がなんとも寂しく感じられ、手を加えたくとも資料も実力も無いので諦めた思い出があります。
今回は40年前のリベンジです。若い人からは、「そんな古い時代のキットより現代のものが良いのでは?」と言われそうですが、50を過ぎたオジサンにとって40年前にタイムスリップすることができるキットであることが大事なんですね。そのロマンチズムがモチベーションに繋がるし、かけがえのない、お金で買うことのできない部分だと思うわけです。
次回はレベル32カーチスP40です。レベルでなければいけません。どんなにハセガワが良くてもタイムスリップできるのはレベルなんです。
 

ワイルドキャット 凄いですね

 投稿者:TOSHI  投稿日:2015年12月25日(金)12時27分45秒
返信・引用
  ヨウスケ様
ワイルドキャットの製作記事、拝見しました。超絶ですね(o_o)
製作途中の画像を拝見すると、もしかしたら自分にもできるかもしれないという幻想、妄想にかられてしまいます。
実機資料に忠実にするのは到底無理なので、正確性より楽しさを優先しているのですが・・・・
P-40の記事を楽しみにしております^ ^
 

Re: 機種名について

 投稿者:studbolt  投稿日:2015年12月 7日(月)19時49分23秒
返信・引用
  コルディッツさんへのお返事です。

わざわざご返答をいただきたいへん恐縮です。
ありがとうございます。こちらこそキツい物言い
で申し訳ないです。

博物館の情報とても貴重で、ありがとうございます。
欧州の機体は自分でも見たいものの日本では縁遠くて
現地を訪れた方が羨ましい限りです。

ユーロファイター好きを自認しているつもりでして
いつか自分でも実物を見たいと思っています。



> studboltさんへのお返事です。
>
> studbolt様
> 紛らわしいタイトルをつけてご迷惑をおかけし、
> 申し訳ございませんでした。
> ワルノリのし過ぎを、深く反省しております。
> これからは混乱を招くようなマネをしないよう、
> 気をつけますので、よろしくお願いいたします。
> なおユーロファイターは、英国で2機、独で1機、
> 博物館に展示されていましたので、
> この場を借りて情報提供させていただきます。
> 英の1機はダックスフォードの英軍用機博物館で、2013年7月撮影。
> ZH590、EF2000タイフーンTとされています。
>  以前ヘンドンのRAF博物館で展示されていた機体と思います。
> もう1機はヘンドンのRAF博物館展示のZH588で、2008年7月撮影。
> 独はミュンヘン郊外のオーバーシュトラスヘイムにある、
> ドイツ博物館航空機別館で、2011年5月撮影。98十29です。
 

Re: 機種名について

 投稿者:コルディッツ  投稿日:2015年12月 6日(日)19時18分51秒
返信・引用
  studboltさんへのお返事です。

studbolt様
紛らわしいタイトルをつけてご迷惑をおかけし、
申し訳ございませんでした。
ワルノリのし過ぎを、深く反省しております。
これからは混乱を招くようなマネをしないよう、
気をつけますので、よろしくお願いいたします。
なおユーロファイターは、英国で2機、独で1機、
博物館に展示されていましたので、
この場を借りて情報提供させていただきます。
英の1機はダックスフォードの英軍用機博物館で、2013年7月撮影。
ZH590、EF2000タイフーンTとされています。
 以前ヘンドンのRAF博物館で展示されていた機体と思います。
もう1機はヘンドンのRAF博物館展示のZH588で、2008年7月撮影。
独はミュンヘン郊外のオーバーシュトラスヘイムにある、
ドイツ博物館航空機別館で、2011年5月撮影。98十29です。
 

機種名について

 投稿者:studbolt  投稿日:2015年12月 1日(火)15時28分51秒
返信・引用
  いつも楽しく拝見しております。
2015年11月号・第1特集の「英・仏・ヨーロッパ機」に
あります「西ユーロファイター リパブリックF-84」の機種名
(タイトルと言ったほうが良いでしょうか)が
現行のユーロファイターと紛らわしいと思いました。

ヨーロッパもしくは欧州のものをユーロ〇〇と呼称するのは
一個人の中では自由かと思いますが、固有名詞で存在するものと
類似してくると他者から見て非常に紛らわしいので
一般的に普及している呼称で記述をお願いしたいと思います。

http://studbolt.blog.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/38