teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. プラモデル製作のQ & A(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


投稿写真二題

 投稿者:コルディッツ  投稿日:2014年 8月 1日(金)21時21分29秒
返信・引用
  第一題 緒方康重様
サントペテルブルグのI-16写真を御紹介賜り、どうもありがとうございます。
オリジナル機の母国での展示を見ると、やっぱりわくわくしますね!
今にも獲物を捕食せんとする鷹のようなI-16の獰猛さを捉え、
かつマニアならではのこだわりの視点にはゾクゾクしました。
(主脚収容庫のケーブルの出てくる穴や、水平尾翼取りつけ部の色の違いなど)
これからも勉強させていただきたく、よろしくお願いいたします。

第二題 スウェーデン・アーセナル戦車博物館のタイガーⅠ型戦車
今月号に載せていただいたアーセナル戦車博物館のタイガーⅠ型戦車ですが、
写真を良く見ると、とくに車体下部はタイガーとは思えない事に気付きました。
どうも映画「プライベート・ライアン」に出演したタイガーと似ている気がします。
つまり映画撮影用のフェイク作品ではないかと。
残念ながら映画は一度見たきりで、録画もDVDもないので、確認できませんが、
どうも実物と勘違いして、お騒がせして申し訳ございませんでした。
このようなフェイク作品が「博物館」で展示されていることは案外あります。
ドイツのジンスハイム博物館ではホチキスSp1という装甲車両を、
映画撮影用に二号自走砲ウェズぺに改造したものが展示されていました。
写真を付けておきますが、この時は現場で小さすぎて妙と思いつつ、
帰国後に写撮影した説明文を読み直して真相を知りました。
こようなことにならないよう、以降気をつけます。
しかし映画撮影用としても、似せる技術は向上しているようでビックリします。
私の見た戦争映画の中では「将軍たちの夜」でワルシャワをぶっ壊す、
T-34改装のタイガーⅠ型戦車はそれらしかったかと。
この映画ではM-24改装のパンサー戦車も登場しますが、こちらも中々でした。
「暁の七人」に登場するT-34改装タイガーⅠ型戦車は、
「将軍たちの夜」と比べ、排気管が変更され、ますますタイガーらしかったです。
ところで来年日本公開のWWⅡ映画「ザ・モニュメントマン」を、
機内映画吹き替え版で見ましたが、CGを使っているとはいえ、
ダックスフォードやパリでの実写は、やはり迫力があります。
ノイッシュヴァンシュタイン城入り口もロケのようでした。
映画ではジョージ・クルーニーが、捕獲したキューベルワーゲンを、
実に楽しそうに運転していて、羨ましくなる映画でした(笑)

 
 

プラモ・ガイド

 投稿者:つづき  投稿日:2014年 7月15日(火)09時41分21秒
返信・引用
  プラモ・ガイド懐かしいですね。私は中学生でした。今でも保管しています。  

1/48フルスクラッチ ホークアイすげい

 投稿者:寿  投稿日:2014年 5月24日(土)22時00分34秒
返信・引用
   初投稿ですが失礼致します。
 唐突ですが、清水様のホークアイ凄いですね。技術もさることながら、キネティック版があるにもかかわらず完成させるというモチベーションが素晴らしい。当方は今でこそヒコーキモデラーですが、以前はAFVのフルスクラッチなどをやってました。が、作り始めるその端からメーカーさんがキット化してしまうのでテンションだだ下がり。資料と共に押し入れに封印という憂き目にあったモノなど数知れず、です。(辛うじて先んじたモノがいくつかありますが、それは幸運だったのか不運だったのか)ましてや、完成したモノが既製品よりも完成度が高いなど・・・・清水様はまさにモデラーの鑑ですね。感服いたしました。
 

モデルアート立ち読みしました

 投稿者:Windy Wing 2013  投稿日:2014年 5月14日(水)10時03分37秒
返信・引用
  田口様 モデルアート電子版情報ありがとうございました。

さっそく立ち読みしましたが、やはり書籍は手に取って見たい、
というのは年寄りでしょうか。

とりあえず記念に創刊号は購入することにいたしましょう。
(1970年号は遠いなあ~)

では、取材ご苦労様です。お気をつけて。
 

静岡ホビーショー参加

 投稿者:Web modelers  投稿日:2014年 5月14日(水)09時59分14秒
返信・引用
  webmodelers発行人田口です。
今年の静岡ホビーショーが今週末開催されますが、取材のため、金曜日から日曜日まで参加します。
土日の合同プラモ展示会では皆様のクラブのブースを訪問させていただきます。皆様の作品を前に歓談できることを楽しみにしております。作品の写真なども撮影させてください。
尚、webmodelersの表紙に掲載したタミヤ50透明彩雲、ウーズレー1904クラシックカー、6月号掲載予定のX-47B艦載無人攻撃機は「横浜ひやめし会」のブースに作品を展示しますので、こちらもご笑覧頂ければ幸いです。

http://www.webmodelers.com

 

プラホビー

 投稿者:Web modelers  投稿日:2014年 5月14日(水)09時40分49秒
返信・引用
  windy wing2013様、GRIFFON様 情報ありがとうございました。
そうですね、プラホビーだと思います。制作記事やカラーチップも付属して150円位だったでしょうか。これは完全に廃刊で著作権権利もないはずなので再掲できる可能性もありますので、調べてみます。その節にはコピーなどご協力を宜しくお願いします。
windy wing2013様のリストにあったモデルアートは数年前から、現在の所、創刊号から1968年11月号まで復刻版され電子版で発行されています。今後も復刻版を増やしていくそうです。ということで、webmodelersで再掲できる可能性は無しです。私も創刊号から持っていない号を電子版で購入して利用してます。某中古模型店で10000円という法外な値がついていた創刊号などが350円で読めたのですから、ありがたいことです。電子版にはモデルアートのサイトから入れます。

http://www.webmodelers.com

 

読みたい記事のリクエスト

 投稿者:Windy Wing 2013  投稿日:2014年 5月13日(火)11時03分11秒
返信・引用
  【読みたい記事のリクエスト】

*モデルアート誌:ブラックバニーの制作記事(伝説のレベル1/32のF-4徹底工作ガイド)
*「プラモの珍品をハントする」(1970年頃のモデルアートの記事。少し持っているが、全容がわからない)
*プラホビー各種:2枚だけ持ってます。新聞ですね。確かにチップ付いてます。

もしもアップされるときには資料提供しますので、声をかけてください。よろしく。
 

カラーチップ

 投稿者:GRIFFON  投稿日:2014年 5月13日(火)05時53分9秒
返信・引用
  おはようございます、GRIFFONです。
カラーチップのついた小冊子:プラホビーのことでしょうか?
 

Re: プラモガイド万歳

 投稿者:Web modelers  投稿日:2014年 5月12日(月)22時47分59秒
返信・引用
  > No.291[元記事へ]

Windy Wing 2013さんへのお返事です。
ありがとうございます。
プラモガイドは50年前の本ということもあり、復刻の見込みもありませんでした。60年代のプラモガイドは某絶版プラモデル店では5000円を越す法外な値段がついていたりしまして、一般に入手することは困難です。それで、機会があれば、再掲して皆様に紹介できれば、いいなと考えておりました。酣燈社航空情報様にお願いさせていただいたところ、快諾を得まして、再掲できるようになりました。ありがたいことです。

廃刊となった模型と工作や模型とラジオといった雑誌の工作記事にも面白いものがたくさんありました。
そういえば、70年代に見開き新聞形式の工作記事とカラーチップがついていたりしたプラモデル新聞のようなものがプラモデル店で売られていた記憶があります。
もし、入手できる機会があれば、それらも再掲を考えたいと思います。

http://www.webmodelers.com

 

プラモガイド万歳

 投稿者:Windy Wing 2013  投稿日:2014年 5月 8日(木)17時21分41秒
返信・引用
  プラモガイド全掲(予定)ありがとうございます。

これも田口様の人脈と酣燈社の太っ腹のおかげ。
これからも色々な名作の記事復刻をお願いします。
 

レンタル掲示板
/38