teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


えーと

 投稿者:UDI  投稿日:2014年10月25日(土)00時34分56秒
   元々UxPlayMIDIのバグ報告用に開いたBBSでしたが、その後ただの日記になり、最近はそれすら使わなくなりました。(なんと今年初の書き込み) 今の主な活動(書き散らかし)場所はミクシで、主な活動(遊び)はLinuxいじりです。OSXでは辛うじてSuperCardとLiveCodeを使っていますが、自分用のツールを細々とメンテしているだけです。

 このへんで一旦このBBSを閉じようかと思います。と言うか、凍結ですかね。削除するかどうかはまた考えるとして、当面書き込みはしなくなると思います。また会う日まで。

 ホムペはそのまま残しますしメアドも生きてます。Linuxの話題を足したりしてますが、基本メンテナンスモードで。

http://udimac.web.fc2.com/

 
 

結局部品回収

 投稿者:UDI  投稿日:2013年11月27日(水)17時52分35秒
   ヤフオクでHDDなしCDドライブ搭載iBookを1円で落札、メモリもAirMacもコンボドライブもACアダプタも、ついでにリッドクローズ感知用の磁石もきちんと再利用してもう一台組み上がってしまった。キャパシタ交換で治る、というのは都市伝説なんだろうか。PRAMとかが絡んでそうだが、もしかしてRAMだったりする?  

甘くはなかった

 投稿者:UDI  投稿日:2013年10月26日(土)10時50分29秒
   その後電圧は4Vまで上がったが起動する様子はない。要は5Vの電圧が欲しいんだろ?としまいには乾電池を繋いでみたが、うんでもすんでもない。近所のパーツ屋を覗いてみたが、5.5V0.33Fのキャパシタは見当たらなかった。ハンダは失敗していないようだ。さて次の手が出ない。とりあえず、諦めずに現状保存しとくか。  

キャパシタ交換に挑戦したぞ

 投稿者:UDI  投稿日:2013年10月24日(木)14時08分4秒
編集済
   落札した商品はHDDなしとあったのに、AirMacと、512メモリ、更に30GBの生きているHDD入りであった。更にACアダプタも付属して500円は、超お買い得。

 まずは電源部近くのキャパシタをひとつ交換してみたが効果なし。
1)そもそもこのキャパシタではない(液漏れ跡も膨らみもない)
2)GPU破損品から剥がしたこのキャパシタそのものが壊れている(新品買っても知れてる。買っておけば良かった)
3)キャパシタ自体に充電されなければ起動はせんだろう

 一応今3を疑って、30分ほどACアダプタを繋いでいるところ。電圧を測ると4V。試しに起動スイッチをオンにしても起動シーケンスに入らない。もうしばらく放っておいてみよう。起動して?
 

キャパシタ交換に挑戦するぞ

 投稿者:UDI  投稿日:2013年10月19日(土)17時14分23秒
   うーむ。間違えてiBookジャンクをまた落札してしまった。起動しない、多分800MHz。HDDは抜いてあるらしいから、メモリやAirMacも期待出来ない。さて。

 ネットでいろいろ検索すると、iBookはキャパシタかGPUのトラブルでダメになると言う。GPUトラブルの個体はひとつ落札したことがあるが、ライターで炙ったら一時的に復活、その後ダメにしてしまった(汗) それ以外の起動しない個体は、キャパシタの可能性が高いと睨んでいる。

 ちなみに古くはLC、手持ちではPowerBookG4が、「内蔵電池切れ」で起動不能になる。ところがiBookには内蔵電池は無い。もしかしたらキャパシタで代用しているのではないだろうか。だとしたら古くなると自然に起動しなくなるiBookが増えて行くのは、当然のこと。起動用キャパシタの見当は付いている。生きているキャパシタの手持ちもある。さて荷物が届くのはいつだ。かかってこい!
 

その後のiBookたち

 投稿者:UDI  投稿日:2013年10月12日(土)22時22分14秒
   5年ほど使っていたiBookを壊したあとヤフオクに手を出してジャンク漁り。現在はiBookG3(800)がメインでPBTi(550)が待機。OS9で遊ぶためのiBookホタテ(300)とLubuntuを入れたPBTi(400)も控えてる。iBookG3(700)の14インチはHDDを入れれば使用可能だし、他にパーツが手に入れば動く部品が、3台ぶんほど山になっている。ちょっと増やし過ぎ。

 PBは憧れのマシンだったので触ってみたかったのだが、冬冷たくて夏暖かい筐体は、持ち歩くに重くてバランスも悪い。意外に気に入ってしまったのがホタテiBook。ハンドルは便利だし、OS9で使うぶんには速度も気にならない。あとFW付きでバッテリーが生きていたら言うことなし、なんだが。

 マシンが増えて「予備」だけでは言い訳にならなくなってきたので、別OSを物色中。今ホットらしいUbuntuにトライしている。ppcは既に正式サポートから外されており、なかなかインストールが成功しない。以下一応インストール終了まで行ったバージョン。

Ubuntu 9.04 日本語入力環境が見つからない。日本語表示は可。その他良好。
Ubuntu 12.04 起動後はカーソルしか見えない。
Lubuntu 12.10 ワイド液晶の右端が欠ける。無線LAN繋がらず。
Lubuntu 12.04 ワイド液晶認識。無線LAN繋がらず。

以上全てPBTi。iBookではまだそれほどしつこくインストールテストはしていないが、今のところ起動したのは9.04だけ。 無線LANは、暗号化の問題かも知れない。 PBTi550に外付けHDDを付けてインストールしたものをPBTi400で使おうとしたら、何やらエラーが出た。OSXはその点おおらかだなぁ。
 

MO入手

 投稿者:UDI  投稿日:2013年 9月 5日(木)12時38分10秒
   PM7600からiBookへメインマシン移行のため、USB-MOを入手。PM7600のMOドライブはSCSIなので今のところPB/iBookには持って来れず、USB-SCSIアダプタを探すか、USBのMOを探すか迷っていた。ヤフオクでやけに安いのを落としたらIO-DATAのへんなコネクタのやつだった。専用ドライバが必要で、OSXには対応していない模様。

 まぁPBもiBookもOS9が起動するので実質的には問題なし。私はMOに絶大な信頼を置いていて、OSXを使い始めるまでは凡そあらゆるデータをMOにバックアップしていた。さすがに今となっては640MBは小さすぎて使うことは無くなっていたけど、これでPB/iBookからも過去のデータを拾い出すことが出来る。一安心。
 

差分バックアップ

 投稿者:UDI  投稿日:2013年 8月22日(木)17時07分48秒
   10.4で使えるバックアップソフトで手頃なのが見つからない。いろいろ検索しているとrsyncなる文字が目につく。試しに調べてみると、これがUnix由来の差分バックアップソフトで、えらく使い勝手がいい。早速LiveCodeで簡単なフロントエンドを作ってみる。まずまずの出来。

 Unixのツールって良くできてるよなぁ。なんか世界中のプログラミング・オタクが寄ってたかって改良している、って感じがひしひしと伝わってくる。いやほんと(笑)
 

iBook修理のはずが、

 投稿者:UDI  投稿日:2013年 8月16日(金)16時37分50秒
  すっかりiBookジャンク遊びにハマっている。以前PB5xxにハマって部品かき集めていた頃とそっくりだ。なんか毎日のようにバラしては組み立てていた覚えがあるが、一体何をしていたのか良く覚えていない。ただ68040(LCではないフルバージョン)を入れてピンボール・ゲームをバシバシやっていたのは覚えている。PCMCIAカードスロットもあるし、予備バッテリーも3個くらいあったけど、本体を盗まれてからすっかりご無沙汰。

 6月にハードに使っていたiBookG3(600)を壊してから、久しぶりにヤフオクに手を出してジャンクワールドに復帰。まずは4,500円のiBookG3(800)を2号機に。そして1号機を復活させるべくジャンクを落札、更にもう一台ジャンクを落札したら、この2つでiBookG3(800)がひとつ完成してしまった。合計落札価格600円のこの3号機が現在のメインマシンで、その前の2号機はひとに貸与中。

 興味半分でiBook(700)14インチのジャンクも1,000円で落札。HDDが無い以外は完動品だった。12インチと14インチのロジックボードはほぼ同じ、との情報あり。遊ぶ余地はいろいろあるが、このままのボディで使うにはバッテリーに互換性が無いのが痛い。12->14のバッテリー・アダプタでも自作する?

 更に1号機をなんとか復活させたい、せめて3枚も余っている液晶を活用したい、ってことで、液晶破損ジャンクを1,000円で落札。液晶下の「iBook」ロゴから800MHzと判断。ところが届いたモノは思っていたより重傷だった。スペックはG3-800 Comboだが、付いていたバッテリーは充電が出来ず、メモリは128、AirMacなし。肝心のロジックボードは一度はターゲットモードで立ち上がるもその後無言。起動シーケンスにも入らない。バラしてみると、なんとフレームが折れていた。外装は奇麗だから、もしかして踏まれたのかも知れない。ロジボもその時やられたかな。

 幸い30GBのHDDはそのまま残されていた。取り付け用のイモネジが無くて困っていたのでこれはありがたい。このHDDを14インチiBookに入れて使うのが一番簡単だが、なんだかそれもつまらないなぁ。

 ネットを見ると、ヘッドレスにしたり、カラーリングしたり、様々に遊ばれているiBook。私としてはホタテiBookの中にハンペンを入れてみたいのだが、ネットを検索する限り、まだこれに挑戦した猛者は見つからない。

 ちなみにPB5xxで遊んでいたピンボールゲームはTristan。検索したらまだ売っていた!OS9で動く!すげー(笑)
 

復活計画2 その後

 投稿者:UDI  投稿日:2013年 8月 2日(金)04時35分18秒
   元々はACアダプタの事故で壊してしまったiBook(600)を復活させるべくiBook(800)ジャンクを買ったのだが、このロジックボードも壊してしまったのでジャンクをもう一台落札。物が届いてみると液晶も光学ドライブも問題なしだったので、こいつに最初のジャンクのキーボードとパームレスト、そして手持ちのHDDとAirMacを加えたら、あら不思議、iBookG3(800)がひとつ出来上がってしまいました。落札金額だけで言えば500円でお釣りが来るマシン。なんだか凄く得した気分だけど、でもそもそものiBookG3(600)はどーなったんだよ(笑)

 iBookG3(800)は初めてバラしたけど、600MHzとはトラックパッド周りが少し違っていたような気がする。HDDに行き着くまでに5分とかからなかったのは、さすがにバラし慣れてきたからか。HDDのイモネジが無かったのでPBG4から拝借。これってパーツ屋で売ってるんだろうか。

 常用iBookG3(800)をターゲットモードにしておいて、そいつを起動ディスクにして新iBookG3(800)を起動、今これを書いている。液晶は、やっぱり最初の印象通り、常用iBookは少し青が強いようだ。新iBookはキーボードがペカペカ言う。組み立て時に何かしくじったか。それでも何の問題もなくこうして使えている。当たり前過ぎてなんだか面白くない(笑)

 これはこれでいいとして、やっぱりiBookG3(600)を復活させたい。いやもう何に使うとか、そういうの抜きで(笑)
 

レンタル掲示板
/20