teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オリジナル法被ストラップ

 投稿者:祭り商 川本屋メール  投稿日:2008年 6月22日(日)14時51分22秒
返信・引用
  貴方のお気に入りのお持ちの半纏を忠実に再現し、ストラップにしませんか、
衿の部分に会や団体名とは別にオリジナルで個人名等名入れ可能です、
会の皆で作れば、毎日祭り気分です
お持ちでない半纏等も画像、イラスト等から作成可能です
プレゼントやお礼にも喜ばれます。
一度ご覧下さい、祭り商 川本屋ホームページ http://maturiyouhin.ocnk.net/

http://maturiyouhin.ocnk.net/

 
 

中国モノの話⑫

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月21日(土)23時50分10秒
返信・引用 編集済
  地車ではあまりこの絵は見ないのですが、やぐらではこの絵の彫り物を良く見ます。
「水滸伝」でもこれと同じ様な絵はなくは無いのですが、一つ↓の「劉備玄徳 壇渓を跳ぶ」
の彫り物があれば、まず↓の彫り物でしょう!!
「呂布、 山昇て敵の陣中を計る」

葛飾戴斗:画「絵本通俗三国志」より
 

中国モノの話⑪

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月21日(土)05時04分4秒
返信・引用 編集済
  「水滸伝」の絵はこれぐらいにしておいて、次は「三国志」の絵をご紹介したいと思います。
↓の絵は「三国志」ならではの絵で、「水滸伝」ではまず見た事がありません。
地車・やぐらを問わず「三国志」では、↓の彫り物が一番多いんじゃないかと思います。
「三国志」では、この彫り物は有名なんで覚えておかれた方が良いでしょう!!
「劉備玄徳 壇渓を跳ぶ」です。

葛飾戴斗:画「絵本通俗三国志」より
 

中国モノの話⑩

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月19日(木)23時27分24秒
返信・引用 編集済
  「轟天雷凌振」、「武松の虎退治」、「入雲龍 公孫勝」と「水滸伝」で後一つ良くある図柄をあげておきましょう!!
「花和尚 魯智深」です。やぐらでは、↓の図柄を良く見ると思います。

この4つのうち3つあれば、「水滸伝」の統一彫りと考えて、私は他の図柄も「水滸伝」で調べて行きます!!

葛飾北斎:画「新編水滸畫傳」より
 

中国モノの話⑨

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月18日(水)20時40分41秒
返信・引用
  で、↓が「入雲龍 公孫勝」です。彫り師は同じ西岡弥三郎です。

岬町大東連中大屋根(左)幕板 彫師:西岡弥三郎
 

中国モノの話⑧

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月18日(水)20時34分41秒
返信・引用 編集済
  余談になりますが、参考として「天竺の班足王」と
「入雲龍 公孫勝」の彫り物を見比べて頂こうと思います。
↓が「天竺の班足王」です。

狭山市大野地車後正面三枚板 彫師:西岡弥三郎
 

中国モノの話⑦

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月17日(火)20時35分18秒
返信・引用 編集済
  他に「三国志」や「漢楚軍談」で無くて、「水滸伝」の図柄で「唐獅子と人物」の図柄も良く見ます。中国モノで道士っぽい服装であるなら「水滸伝」の「入雲龍 公孫勝」でしょう?!
他に唐獅子と一緒の図柄で「三国妖婦伝」の「天竺の班足王」と云う図柄もあるのですが、「天竺の班足王」の方は、どちらかと云うと唐獅子と戯れている様な図柄です。
「大砲を持っている人」がいて、「虎退治」があって全体に中国モノっぽい彫り物であるなら、「入雲龍 公孫勝」の可能性が高いです。
「入雲龍 公孫勝」は、別名「一清道人」とも呼ばれ、「羅真人」と云う仙人の弟子で幻術使いです。唐獅子と一緒の場面は幻術で唐獅子を出している場面ですが、国芳の絵では大蛇を出している絵が描かれています。

葛飾北斎:画 「忠義水滸伝画本」より
 

中国モノの話⑥

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月16日(月)22時32分5秒
返信・引用
  次に「三国志」や「漢楚軍談」でなく、「水滸伝」と思える図柄をあげるとすると、「虎退治」でしょう?!
「加藤清正」や「後藤又兵衛」の虎退治なら日本の鎧を着ているので解ると思いますが、中国風の鎧を着ていたり修業者の服装で全体的に彫り物が中国モノなら、考えられるのは「武松の虎退治」です。
「三国志」でも張飛が虎退治をしたと云う話もあるのですが、未だに絵や彫り物でも張飛が虎退治をしていると云う図柄を見た事がありません。まず、「武松の虎退治」と考えるのが無難でしょう!!

葛飾北斎:画 「忠義水滸伝画本」より
 

中国モノの話⑤

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月14日(土)22時53分46秒
返信・引用
  では、中国モノでもどの図柄が「三国志」や「漢楚軍談」ではないと判断するかと云うと、「三国志」や「漢楚軍談」の時期に一番あり得ないのは大砲です。
「漢楚軍談」は紀元前ですし「三国志」も2~3世紀、大砲が初めて使用されたと云われているのは13世紀ですから、時代背景を12世紀にしている「水滸伝」が一番可能性が高いと云う事になります。そして、「水滸伝」に登場する「轟天雷凌振(ごうてんらい りょうしん)」が、「水滸伝」の中でも唯一大砲を扱っています。中国モノで大砲を持っている人の図柄があれば、私はまず「水滸伝」の「轟天雷凌振」だと考えます。

葛飾北斎:画 「忠義水滸伝画本」より
 

中国モノの話④

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月14日(土)00時49分3秒
返信・引用 編集済
  前置きはこれ位にしておいて、本論に行きましょう!!

中国モノは、日本の武者モノに比べて人物の特定は難しいです。日本モノは鎧の胴の部分や幟等の家紋や兜の鍬形の形とかで特定する事が出来るのですが、中国モノはその類のモノが無い為、人物の持っている武器位しか判断材料はありません。
それ以外は日本モノの場合と殆ど同じですが、背景とか誰(何)と戦っているかとか・・・。
それから、それらしき錦絵とか絵本○○等の絵と見比べてみて同じ様な図柄かどうか判断して行く訳なんですが、勿論例外もありますが私の場合それらの絵が3枚以上あれば、その物語に統一されていると考えて、他の図柄もその物語で絞って行きます!!
 

中国モノの話③

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月12日(木)18時54分7秒
返信・引用
  戎福中講については、脇障子を某彫師さんに小脇板と背面の幕板の図柄を師匠に教えて頂きました。

濱中講の幕板の彫り物等は、漫画で読んである程度どう云う場面か想像できたのですが、宮元講の彫り物は一部を除き、簡単にはどういう場面か解りませんでした。その後何回か見学会でお会いした堺のMさんや師匠にお聞きして、ある程度のところまで判明して来ましたが、私には何故その場面だと解るのか凄い不思議でした。で、師匠に尋ねてみたところ、↓の本で調べて頂いたみたいです。
↓の本は優れモノで、「三国志」の彫り物で特にやぐらに関して云わせて貰うと、殆どこの本の何点かを下絵にしていると思っても過言ではないでしょう?!
この本の初版が発行された天保7~12年以前に彫られた彫り物は別ですが、明治以降の彫り物なら何点か必ず参考にされているのじゃないかと思えるのです。

 

中国モノの話②

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月11日(水)02時51分32秒
返信・引用 編集済
  濱中講は、彫師銘以外に小脇板、幕板、脇障子と全て人物名が刻まれているので、「三国志」だとすぐに解ったのですが、他の櫓が「三国志」かどうかと云う事は、彫り物もじっくり見た事がなかったので解りませんでした。
HP作成当時、既にHPを立ち上げられていた「泉南市の祭り」管理人さんに獅子講の櫓の彫り物について聞いてみたところ、脇障子は「三国志」らしく、あと大屋根は「仙人モノ」で小屋根は「神話モノ」とお聞きしました。また、その後宮元講の櫓も彫り物を見せて頂く機会があって拝見させて頂いたところ、脇障子や欄間の部分に「三国志」の張飛や関公(関羽)と云う刻みがあって、宮元講も「三国志」の彫り物と云う事が解りました。
それまで、戎福中講も「三国志」の彫り物と聞いていたので、私もそれを疑う事無くHPには「三国志」の人物名を適当にこじつけて書いていたのですが、ネットで知り合った某彫り師さんや樽井櫓の彫り物の図柄を殆ど教えて頂いたQC師匠に、戎福中講の彫り物は「三国志」の彫り物でなく「漢楚軍談(項羽と劉邦」の彫り物だと云う事を教えて頂きました。
「漢楚軍談」について全然読んだ事が無く全く知識が無くて、戎福中講の図柄を聞いて初めて漫画の「項羽と劉邦」を読んだのです!!

 

中国モノの話①

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 6月10日(火)11時34分16秒
返信・引用 編集済
  書き込みが無いですし、自分の事を色々書いても仕方が無いので、チョット中国モノのお話をしようかと思います。
これから書こうと思っている事は私なりの見解なので、間違っている事も多々あるかと思うのですが、「中国モノ」の彫り物を見る際に少しでも参考にして頂ければと思います。

私はよく「中国モノ」に詳しいとか云われるのですが、そんな事はないです。日本史の方が得意です。彫り物マニアとかは、その彫り物の図柄の物語が知りたくて後から勉強されるのですが、私は逆で元々歴史が好きで、小さい時から好んで歴史の本を読んでいたので、今役に立っていると云うか、図柄を見てもこれはどう云う話でと云う事をお話し出来ると思います。そんなマニアも最近の彫り物が、殆ど日本の合戦モノなので「三国志」や「水滸伝」の話を知らないと云う人が多いと思うのです。
「三国志」や「水滸伝」の話を私が知っているのは、彫り物の事を調べる以前にたまたま↓の漫画を好んで読んでいたに過ぎません。
中国モノの彫り物を調べるきっかけは、このHPを作る際に避けて通れない樽井の櫓の彫り物の事を知りたいと云う事から始まりました。それまで私が聞いていたのは、樽井の四台も他地区と同じ様に四台共全て「三国志」の彫り物だと云う事でした!!

 

Server

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 5月24日(土)15時37分17秒
返信・引用 編集済
  当時、使用していたServerです。当時はMacintoshの専門店でいた為、全てのServerはMacintoshで行っていたのですが、internet配信もBBSも全てここにあるのServerで行っていました。
まだまだinternetが一般的で無かった為、当時internetの専用線を社内に引いていたのですが、月々の経費が結構掛かりました。また、当時BBS(掲示板)Serverの大阪HUBをしていたので、ここだけで電話回線がISDN回線の2本(Aチャンネル・Bチャンネル)を含め、10回線位使っていました。

 

「快適林檎生活」

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 5月20日(火)12時38分54秒
返信・引用 編集済
  あまり出張の話も何なので、当時私が勤めていた会社のショールームの写真でも・・・。
↓の写真は関西系のローカルな番組で↑のタイトルの番組の収録に来られた清水圭さんとウチの家内と元部下の奥さんとのスナップです。
本当はココの責任者をしていた私に出演依頼があったのですが、当日某外資系企業で数10台のMacintoshの設置があった為、元部下に代理で出演して貰いました。
ショールームには来られなかったのですが、この番組には他に大桃美代子さんやばんばひろふみさんも出演されていました。

 

SAN FRANCISCO探訪

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 5月17日(土)20時46分58秒
返信・引用 編集済
  午後からクパティーノにあるApple本社に行ったので、サンフランシスコはあまり観光出来なかったのですが、ここだけは行きました。

GoldenGateBridge(金門橋)です。

 

LOS ANGELES探訪その2

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 5月 5日(月)20時53分15秒
返信・引用 編集済
  ロサンゼルスのディズニー・ランドは新しいアトラクションが無い為、規模的にも小さくて多少ガッカリさせられたのですが、夜はハリウッドに行って来ました。
↓は有名人の手形足形が印されているグローマンズ・チャイニーズ・シアターでの1枚です。

 

Re.おひさ~~

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 4月29日(火)21時23分15秒
返信・引用 編集済
  M・MさんへのRes.です。
第二阪和沿いに『ホテル仏蘭西』なんてありましたっけ?記憶にないなぁ?!

蜜月旅行は最初オーストラリアとニュージーランドにしていたんですが、一緒に仕事していた女性が2人共蜜月旅行はオーストラリアにすると云いだしたんで、急遽ヨーロッパに変更したんですよ!!
フランスは私が以前から憧れていたところで、いつかは行ってみたいと思っていたんでちょうど良かったです。
私は第2外国語にフランス語を習っていたんですが、フランス語を使う様なところは殆ど無くて、ユーロ・ディズニーも殆ど英語です。
蜜月旅行は、後イタリア・ギリシャ・スイスと行ったんですが、写真は後日アップしたいと思います!!
 

おひさ~~

 投稿者:M・M(おひさ~)  投稿日:2008年 4月29日(火)07時29分40秒
返信・引用 編集済
  フランスのホテルか、第二阪和沿いの『ホテル仏蘭西』か知りませんけど(笑)、最近いっときのようなネタが次々出なくて、読ましてもらってもすぐに書き込みしたら、ネタ切れになるので遠慮気味ですぅ。
 樽井の音頭じゃないけど、『俺とお前は蜜月旅行の仲よ~』てあんまりだと思いました。

ところで、エッフェル塔の前に立っている、やぐらの試験曳きを見に行った帰りのような人はどなたでしょうか?
(やったぜ!ひさしぶりの軽い突込みでした。)
 

LOS ANGELES探訪その1

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 4月27日(日)22時59分29秒
返信・引用 編集済
  私達が行った「MacWorld BOSTON視察ツアー」は、10日間で企業見学もありまして、BOSTONへ行く途中に西海岸のサンフランシスコとロサンゼルスに寄ったんですが、ちょうどロサンゼルスで1日休暇があって、ロサンゼルスのディズニーランドへ行って来ました。フロリダのディズニー・ワールドや香港ディズニーランドは行った事がないのですが、蜜月旅行でユーロ・ディズニー(現ディズニーランド・パリ)も行って来ました。結構ディズニー・フェチだったりして・・・。(笑)  

レンタル掲示板
/18