teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


年末のご挨拶

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年12月31日(水)20時20分23秒
返信・引用
  今年も残すところ、後数時間となりました。
今年も皆々様には色々お世話になりまして、有難うございました!!
来年も相変わりませず、宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

「樽井の祭り」管理人
 
 

中国モノの話85

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年12月26日(金)10時08分13秒
返信・引用
  最後は小屋根左の幕板ですが、これも定番です。
この掲示板を見て来られた方なら、画像を見れば解ると思いますが、絵は⑩を
ご参照下さい。↓の画像は水滸伝の「魯智深 菜園に緑楊樹を抜く」です。

童子畑の中国モノの彫り物は、ここまでで次は男里北の彫り物を見て行こうと
思いますが、少し間を入れて樽井とも関係が深い金熊寺の三躰の神輿について
書いて行こうと思います。

童子畑 小屋根(左)幕板
 

中国モノの話84

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年12月26日(金)09時49分6秒
返信・引用 編集済
  少し空いてしまいましたが、また再開します。
大屋根左の幕板は定番ですね。⑧の絵をご参照下さい。
これは、水滸伝の「行者武松の虎退治」で間違いないでしょう!!

童子畑 大屋根(左)幕板
 

中国モノの話83

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年11月26日(水)23時03分13秒
返信・引用 編集済
  次に大屋根右の幕板を見て行く事にします。↓の彫り物も「水滸伝」とは違う様に思います。
私は実際のところ、「水滸伝」の彫り物であまり龍が彫られているのを見た事がありません。
と云うか、地車の彫り物では「水滸伝」の彫り物がある地車をあまり見た事がありません。
個々の彫り物では、
退治モノとして「行者武松の虎退治」は多くの上地車で彫られていますが・・・。

図柄的には、「素戔嗚尊 大蛇退治」か「漢の高祖の龍退治」なんですが、私が「素戔嗚尊 大蛇退治」と
見る場合、ポイント的に三点チェックします。「龍の首が複数かどうか?」、「瓶(かめ)はあるか?」、
「後ろに櫛名田姫はいるか?」等ですが、この彫り物はそのどれにも当てはまりません。
服装は素戔嗚尊にも近い様にも思えるのですが、幕板全体が中国モノの様な感じなので、バランス的に
「漢の高祖の龍退治」にしました。

童子畑 大屋根(右)幕板
 

中国モノの話82

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年11月21日(金)20時36分29秒
返信・引用 編集済
  他に大屋根左側面枡合「鷲(鷹)に乗る人物」と大屋根後面枡合「飛龍に乗る人物」があるのですが、
今一つ自信が無いので辞めておきます。
仙人モノに詳しい河内国分のろくちゃんに聞いても、鷲に乗る仙人は聞いた事が無いと云うし、
鷲に乗ると云えば、私は忍者モノしか思い浮かばないのです。「真田十勇士」の猿飛佐助、
「児雷也豪傑譚話」の児雷也、「神州天馬侠」の木隠龍太郎とかで、正面と右の枡合との関連性が
あまり無いのです。また、飛龍に乗ると云えば「甲賀三郎」か「黄帝」位かな?と思いますが、
甲賀三郎は実際飛龍退治をしていないみたいですし、左の枡合が仙人ならば「黄帝」でも良いでしょうが、
これも何だか自信がありません。

と云う事で今回から、幕板を見て行く事にします。(笑)大屋根・小屋根の幕板を見ると「水滸伝」
の統一彫りかなとも思えるのですが、風貌や他の「水滸伝」の彫り物と比べると少し違う様に思うのです。
私が一番引っ掛かるのが、小屋根右の幕板でどう見ても「入雲龍 公孫勝」には思えないのです。
「入雲龍 公孫勝」の彫り物だと、唐獅子と一緒の図柄は剣を咥えているか剣を持っているかどちらかだと
思いますが、この彫り物は、唐獅子と戯れている様にしか見えないのです。唐獅子と戯れている様な図柄なら、
「天竺の班足王」かと思い、敢えて「天竺の班足王」にしました。

童子畑 小屋根(右)幕板
 

中国モノの話81

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年11月15日(土)20時06分20秒
返信・引用 編集済
  次に大屋根右側面にある枡合ですが、鶴に乗っている人物が彫られています。
鶴に乗っている人物と云えば、思い浮かぶのが「費張房(ひちょうぼう)仙人」
と「控鶴(こうかく)仙人」なんですが、巻物を持っているのは「費張房仙人」
なんで、大屋根右の枡合いは、「費張房仙人」と判断しました。

童子畑 大屋根(右)枡合
 

中国モノの話80

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年11月 3日(月)22時37分6秒
返信・引用
  公私共に今年は非常に多忙でして、長らく書き込み出来ずでしたが、また再開します。

今回から童子畑のやぐらの彫り物を見て行く訳ですが、童子畑の彫り物は部位によっては、
統一されている部分もあれば、判断に迷う彫り物も多々あり判断するのは非常に難しいで
す。あくまでも私的見解であると云う事でご理解頂きたく思います。

童子畑の彫り物で中国モノと思われる部位は、大屋根枡合部分と大屋根・小屋根の幕板なんですが、
最初に大屋根枡合から見て行く事にします。大屋根枡合は統一されていると云えば統一されている
のですが、鳥等に乗る人物で統一されています。先ず正面の枡合から見て行きますが、正面枡合の
鳥は、どう見ても鳳凰もしくは鸞(らん)にしか見えません。鳳凰と鸞は非常に区別しにくく、
鳳凰と鸞の違いは大きさが違うらしいのですが、鳳凰はかなり大きく鸞は孔雀や雉位の大きさ
らしいです。
鳳凰もしくは鸞に乗る人物は、「梅福仙人」か「蕭史(しょうし)」位しか思い浮かばないのですが、
どちらかと云うとポピュラーな、「梅福仙人」と判断しました。

童子畑 大屋根(正面)枡合
 

中国モノの話79

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 3日(金)21時52分42秒
返信・引用
  77で書いた群馬県甘楽郡妙義町の妙義神社の脇障子の「竹林の七賢人」が↓です。
左右の脇障子は合成して一つにしました。
彫り師は、江戸 小沢五右衛門で宝暦六(1756)年の作だそうです。

今回で、樽井四講の彫り物は終わりで、次回は童子畑の彫り物を見て行きたい
と思います。

 

中国モノの話78

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 3日(金)21時29分56秒
返信・引用 編集済
  「竹林の七賢人」は、三世紀の中国・魏(三国)の時代末期に、世俗をさけて酒を飲んだり
清談を行なったりと交遊した阮籍(げんせき)、嵆康(けいこう)、山濤(さんとう)、劉
伶(りゅうれい)、阮咸(げんかん)、 向秀(しょうしゅう)、 王戎(おうじゅう)の七
人の事を云います。また、日本では室町時代に七福神のモデルになったのが、この「竹林の
七賢人」だと云われています。

獅子講 大屋根(左側面)幕板
 

中国モノの話77

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 2日(木)22時39分20秒
返信・引用 編集済
  獅子講の大屋根幕板は、資料があまり無くて掲載しないつもりでしたが、群馬県甘楽郡妙義
町の妙義神社の脇障子に良く似た彫り物があるので、掲載する事にしました。人物はどの彫
り物がどの人物か特定出来ていないのですが、師匠から、獅子講大屋根左右の幕板は「竹林
の七賢人」だと教えて頂きました。

獅子講 大屋根(右側面)幕板
 

中国モノの話76

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 2日(木)21時49分47秒
返信・引用 編集済
  ↓の絵も75の彫り物と似ているかと云えば、何とも云えないのですが、少なくとも73の彫り物
ではないでしょう。どちらかと云うと75の彫り物に似ています。脇障子の彫り物が「三国志」
であるなら、75の彫り物は「関羽雲長」でしょう。

歌川國芳:画「通俗三國志英雄之壱人 関羽」より
 

中国モノの話75

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 2日(木)21時10分44秒
返信・引用 編集済
  73でも書きましたが、↓の彫り物を右の脇障子と見比べて見て、風貌、髭の長さ、頭巾等から
↓の彫り物が「三国志」であるなら、彫り物の人物は「関羽雲長」だと考えます。

獅子講 大屋根(左側面)脇障子
 

中国モノの話74

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 2日(木)20時54分34秒
返信・引用 編集済
  ↓の絵と彫り物を見比べて見て、張飛と判断し辛いのですが、どちらかと云うと↑の彫り物
と関羽の絵を見て頂きたいので、敢えて掲載します。

歌川國芳:画「三国志長坂橋の図」より
 

中国モノの話73

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年10月 2日(木)20時30分20秒
返信・引用 編集済
  少し間が空きましたが、またボチボチ書いて行きます。
②で書いた様に、このHPを作るまで私は樽井四講でも濱中講以外、じっくりと彫り物を見た
事がありませんでした。獅子講の彫り物を見せて貰う際に、事前に「泉南市の祭り」管理人
さんに、彫り物についてお聞きしたところ、大屋根の幕板は「仙人モノ」で、脇障子は「三
国志」、小屋根幕板は「神話モノ」とお聞きしました。只、大屋根幕板と脇障子・小屋根幕
板との関連性は無く、脇障子・小屋根幕板は大屋根幕板より後に彫られたモノだと云うのが
「泉南市の祭り」管理人さんの見解でした。
では、↓の彫り物を見て頂きたいと思うのですが、見たところ大屋根の彫り物と彫りも違う
し、関連性は考えられません。只、どう見ても左右の脇障子は対だと思われるので、左右の
脇障子は関連した人物かと考えます。
私は、師匠に彫り物は顔で判断してはいけないと良く怒られるのですが、「絵本通俗三国志
」にも↓の彫り物と良く似た絵はないですし、どちらの人物も決め手の武器は持って無いの
で風貌等で判断するしかなさそうです。左右の人物の区別は被っている頭巾の様なモノと髭
の長さでしか区別出来ないと思います。↓の彫り物が「三国志」であるなら、私は「張飛翼
徳」だと考えます。

獅子講 大屋根(右側面)脇障子
 

中国モノの話72

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 9月22日(月)23時08分48秒
返信・引用 編集済
  この彫り物も何回も見ているですが、↓の絵に気付きませんでした。
「絵本通俗三国志」も何回も見たんですが・・・。
今回で宮元講の彫り物は終わりで、次回は少しですが獅子講の脇障子を見て
行きたいと思います。

宮元講 小屋根(左側面)幕板
 

中国モノの話71

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 9月22日(月)22時57分44秒
返信・引用
  この絵も師匠に教えて頂きました。
「姜維、除質を一鑓に刺す」

葛飾戴斗:画「絵本通俗三国志」より
 

Re: (無題)

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 9月22日(月)20時04分51秒
返信・引用
  > No.288[元記事へ]

宮元講 さんへのお返事です。

> 宮元講のやぐらは、何歳になったら引けますか?
> 現在12歳。

私が曳いていた時代は人数も少なかったし、中1位から
台場も曳けたんですが、今は組織もしっかりしてきたし
台場を曳けるのは、参拾人組になってからかなぁ?
参拾人組は、高校生位からだと思います。
 

(無題)

 投稿者:宮元講   投稿日:2008年 9月22日(月)02時41分13秒
返信・引用
  宮元講のやぐらは、何歳になったら引けますか?
現在12歳。
 

Re.何時もありがとう。

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2008年 9月17日(水)21時28分32秒
返信・引用
  tokusanさん、どうもご無沙汰しております。
樽井の祭りに拘った訳ではないのですが、まだ樽井から他に進んでなくて・・・。(笑)
昔からの伝承で、中国モノの彫り物は「三国志」と伝わっているところが多くて、実際彫り物を調べて行くと、「水滸伝」であったり「漢楚軍談」であったりと云うところが多かったです。
つい先日も阪南市のやぐらを見せて貰ったのですが、そこの彫り物は「川中島の合戦」と伝わっていたのですが、実際は「賤ヶ岳の戦い」でした。
この「中国モノの話」を書き始めたのは、そう云った間違いを知って貰おうと書き始めました。

ウチの兄がその庄屋さんのお医者さんをされている息子さんと同級生なので、私も知らなくはないのですがお会いした時にでも頼んでみたいと思います。
 

何時もありがとう。

 投稿者:tokusanメール  投稿日:2008年 9月17日(水)12時04分48秒
返信・引用
  樽井の祭り研究、発表ありがとう。
お祭りが近づくときのみ読ませてもらって嬉しく思っています。
貴重な文献どこかにあるかも・・・例えば昔の庄屋さん宅とか。
お祭りにお会いしたときお話聞きたいです。
                   宮元講 おじん
 

レンタル掲示板
/18