teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/347 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

二河原邊地車

 投稿者:「樽井の祭り」管理人  投稿日:2011年 4月25日(月)22時36分46秒
  通報 返信・引用 編集済
  既に画像は3週間程前に「管理人の足跡」にアップしていたのです
が、コメントが遅くなりました。m(_ _)m
二河原邊の地車は平成17年の千早赤阪村建水分神社の祭礼で一度
見ているのですが、飾り無しの地車を見るのは今回が初めてです。
二河原邊の地車は型式では大和型五枚板地車に分類され、現存す
るこの形の地車は、富田林五軒家、羽曳野市古市北町、大和高田
市本町1丁目とこの二河原邊の4台しかありません。
通常上地車は下地車(岸和田型)と同じ様に大屋根には舞台があ
って、小屋根には三枚板と呼ばれるやぐらで云うところの幕板が
あるのですが、この五枚板地車は大屋根にも幕板があって尚且つ
正面も御簾が掛かる様になっています。腰廻りから上はほぼやぐ
らと云っても過言で無い程、やぐらと良く似ていると思います。
やぐらと上地車が似ていると云われるのは、獅噛みや飾目等の鬼
板もありますが、この幕板型式の平面彫りにあります。
最近では二重見送り等彫り物も立体化して来て、下地車化しつつ
あるのですが、これも新調やぐらがほぼ岸和田で制作されている
と云う時代の波からでしょうか。

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/347 《前のページ | 次のページ》
/347