teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます

 投稿者:hattann  投稿日:2015年 1月15日(木)21時13分14秒
  かおるさん、ありがとうございます。
全く大した理由はないのですが、去年、自宅近くに異動してから
仕事が増えたというかなんというか…
子供の手はかからなくなってきましたが、勉強を見てやったりなどなど
パソコンを使う時間が減ってしまいました。
細々と続けますので、どうぞよろしくお願いします。
 
 

はじめまして

 投稿者:かおる  投稿日:2015年 1月13日(火)01時00分11秒
  はじめて一針させていただきます。
私も公立で教員をしている二児の母です。(私は中学ですが
実はこちらのHPは数年前から楽しみに読ませていただいていました!この度ずっと更新がなかったのでお忙しいのか、体調を崩されたのか…気になっておりました。この度久々の更新に嬉しく思います(^^)
仕事をフルタイムでしながら子育て、本当に大変ななかで、手作りを大切にされている姿に尊敬してます。また更新楽しみにしていますね

http://s.ameblo.jp/kshing

 

トップページが

 投稿者:hattann  投稿日:2014年 9月 7日(日)21時08分1秒
  トップページがたまに、古いものに飛んでしまうことがあるようです。
正しくは、下記の通りです。

http://homepage2.nifty.com/hattann/index.html
 

お役に立てて幸いです

 投稿者:hattann  投稿日:2014年 4月 1日(火)20時58分43秒
  新学期が始まっちゃいましたね…
お互い、がんばりましょう!
 

ありがとうございました!!

 投稿者:ちょま  投稿日:2014年 3月31日(月)17時01分31秒
  hattannさま

お忙しい中、ありがとうございます!
ご提示くださった実験、どれも面白そうです。
おっしゃる通り、割り当てられた時間が少ないので、
体験学習でいくしかない!と考えています。

本当にありがとうございました。
紙おむつの実験も、授業じゃなくて実際にやってみたくなりました。
 

あとは

 投稿者:hattann  投稿日:2014年 3月30日(日)17時29分22秒
  保育分野になっちゃいますが、
紙おむつに水をどんどん入れていく実験も面白がります。
これはこのサイトのどこかに詳しく書いています。

紙おむつも、紙のマスクも、
実は「紙」でできてるんじゃないのだよというと、
結構驚きますね。
 

ミニ実験…

 投稿者:hattann  投稿日:2014年 3月30日(日)17時26分35秒
  ちょまさん、こんにちは。
ミニ実験のページ、作るの忘れてた…

私が教室でやったことがあるのは「界面活性剤の働き」です。
鉛筆の削りかすと、衣料用液体洗剤と、さらしとかシーチングを用意します。
透明のカップと、教室に水回りがなければペットボトルなどに水を入れていきます。
割りばしもあるといいです。

透明カップはビーカーでもいいけど、
日本酒ワンカップとか使い捨ての薄っぺらなプラスチックのでもよいと思います。

(1)浸透作用
透明カップ2つに水を入れておきます。片方は水だけ、もう片方は洗剤を少し入れます。
両方に1枚ずつ布片を入れます。
水だけのほうはいつまでも布が浮いてますが、洗剤入りの方は布が沈みます。

(2)乳化・拡散作用
布を取り出して、鉛筆の削りかすを入れます。
割りばしでかき混ぜてみると、洗剤入りと洗剤なしで状態が違います。

・・・・
これは一般教室でできます。
1コマ取れるならば4~5人グループでやればいいし、
時間がなければ教卓でやって見せ、(実物投影機で大写しにできればなお良し?)
あとで界面活性剤の働きを図解で説明すればよいと思います。
一斉に見せるときは、コップの後ろに紙を置くか
先生が白衣を着ていると、見やすくなると思います。


火を使える環境であれば、
燃焼実験ができます。
何も試料布セットを用意しなくても、
着古した服や縫製実習のきれっぱしなどでよいかと思います。
何もいろんな繊維をやらなくても、日常的に使う素材で。
天然繊維とポリ・アクリル・キュプラ程度でよいのではないかな。
これを灰皿などに1~2センチ角ほど置き、チャッカマンなどで火をつけて、
燃える様子とにおい、灰の様子を観察します。
ほんとはアルコールランプとか、布端をピンセットでつかめとか
教科書には出てるけど、灰皿の上にアルミホイルを敷いて、
ホイルを取り換えながらやっても、繊維の違いは分かります。
ただ、換気装置のない教室だと、火災報知機が反応するかも。

吸水実験は、繊維による違いというよりも布の織り方の影響が大きいので、
同じ綿で、ワイシャツのきれっぱし  ジーンズのきれっぱし  タオルのきれっぱし
など、何種類か同じ大きさで用意するとよいと思います。
教科書にはよく、スタンドに布をつるして、水を何センチ吸い上げたか…
と出ています。
もちろんそのやり方が理想だけど、
2つのカップに逆Uの字型に布を渡し、片方だけに水を入れておき、
その水が何分間で反対側に移動するかを観察しても、
布の折り方による吸水性の違い(織りの荒い布のほうが給水する)
というのは見ることができます。

でも実際には被服科学的分野に割く時間は、多くはないんですよね…
 

はじめまして

 投稿者:ちょま  投稿日:2014年 3月22日(土)13時59分58秒
  はじめまして、こんにちは。
男物浴衣の仕立てを検索し、こちらにたどりつきました。
授業にドラえもんを導入!を、特に興味深く拝見しました。

実は来年度から、衣服分野の基礎を教えることになりまして、あわてふためいています。
こちらのサイトに「一般教室でできるミニ実験」がありますが、
少ない設備で、どのような実験ができるのか、ご教授いただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いします。
 

こちらこそよろしくお願いします

 投稿者:hattann  投稿日:2014年 1月 5日(日)17時15分54秒
  あけましておめでとうございます。
パソコンが無事に移動できてよかった~!
移動で一番大変だったのは、古いパソコンを開いてハードディスクを取り出すことでした。
パソコン知識より、力の問題…

どうぞ今年もよろしくお願いします。

ハトヤCMって関西じゃやってないみたいですね。
夫(大阪出身)も、私のハトヤへの情熱がまるで理解できないみたいでした。
 

今年もよろしくお願いいたします。

 投稿者:ざわとも  投稿日:2014年 1月 3日(金)22時59分54秒
  明けましておめでとうございます。
私が年賀状作成に振り回されていた頃に
パソコンを購入されハードごとお引越しされていたとは。
さすがはhattannさんです。仕事が早くていらっしゃる。

これで今年も楽しませていただけます。
ありがとうございます。
毎年サイトを参考にお節料理を作ってみたいと
思ってはいるのですが、思っているだけのダメ人間です。

ハトヤ!!憧れのハトヤ!!!
いつか行ってみたいです。
学生時代、関西で過ごした私。
丸めた絨毯をかかえて「でっかいわぁ~」
とやっても誰もわかってくれませんでした。。。。苦い思い出です。
 

レンタル掲示板
/50